資金調達サイトKickstarterゲーム部門が今年に入って巨大成長、総投資額は前年比で約13倍 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

資金調達サイトKickstarterゲーム部門が今年に入って巨大成長、総投資額は前年比で約13倍

今年に入ってから何度も耳にするようになった資金調達ソーシャルサイトKickstarterですが、公式より2012年度のゲーム部門に関する情報とイメージが公開。総投資額が昨年比で13倍という、凄まじい成長率が明らかにされました。

ニュース 最新ニュース


今年に入ってから何度も耳にするようになった資金調達ソーシャルサイトKickstarterですが、公式より2012年度のゲーム部門に関する情報と統計イメージが公開。総投資額が昨年比で約13倍という、凄まじい成長率が明らかにされました。

掲載された情報を見ていくと、2012年8月31日までの時点で、ゲーム部門は他の各部門を抑え総投資額はKickstarter内で1位となっており、映画やデザイン部門に800万ドル以上の差をつける結果となっています。ゲーム部門だけ見ると総投資額の巨大な成長率は一目瞭然で、2011年度の約360万ドルに対し2012年度は現時点で5,000万ドル以上と、前年比で約13倍もの成長に。

1位: ゲーム部門(5,000万ドル)
2位: 映画部門(4,200万ドル)
3位: デザイン部門(4,000万ドル)
4位: 音楽部門(2,500万ドル)
5位: 技術部門(1,600万ドル)


年毎のゲーム部門への総投資額

またやはり今年2月に330万ドルもの獲得に成功し大きな話題となった『Double Fine Adventure』がKickstarter人気の火付け役となった模様で、以下のイメージでは、今年ゲーム部門に投稿されたプロジェクト数が2月以降、大きな伸び率を見せていることが確認できます。


投稿された月毎のプロジェクト数


こちらは昨年と比較すると凄まじい差がわかる月毎の投資額

なおビデオゲームのプロジェクト(ゲーム部門はビデオゲームとボード・カードゲームのジャンルに別れている)における成功率も昨年より上昇しており、2011年度はほぼ10%以下だったのに対し、今年は20%から30%の企画が目標額を達成しています。これは恐らく2月以降、Kickstarterのゲーム部門自体に注目が集まったということもあるでしょう。


月毎のプロジェクト成功率。濃い色のバーがボード&カードゲーム、薄い色のバーがビデオゲームを示しています

プロジェクト数の増加(約1.5〜2倍)と比較して総投資額の成長(約13倍)が大きいのは、各プロジェクト毎への投資額が高まり、高額な目標額を持つ大型プロジェクトが多く登場するようになったことを意味します。850万ドルを獲得した新型ハードOuyaや、250万ドルを獲得した高性能VRヘッドセットOculus Riftはその象徴とも言えそうです。

上記の成功率グラフでもわかるように、失敗したプロジェクト数も約6割前後は存在しているため、Kickstarterはただ夢を叶えるような甘いシステムではありませんが、今後もユーザーを驚かせるようなアイディアが登場することが期待されます。
(ソース&イメージ: Kickstarter)

【関連記事】
“Ouya”のKickstarter企画が終了、目標を大幅に上回る850万ドルを達成
マリオクローンとして知られる『The Great Giana Sisters』のKickstarterが開始
Kickstarter進行中の『Shadowrun Online』の対応プラットフォームに“Ouya”が追加
海外でインディーズ9作品の開発資金獲得を目指す“Kickstarter Indie Bundle”が開始
業界著名人も支持する高性能VRヘッドセット“Oculus Rift”のKickstarterが始動
世界初となる同性愛者向けのコンベンションGaymerConのKickstarterが開始
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

    スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

  2. またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

    またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

  3. ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

    ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

  4. Epic Gamesはやっぱりハッキングされてない―犯行声明のハッカー集団が“負け”を認める、ほんとは詐欺師集団だった?謎の発表も

  5. 独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

  6. 海外でPC版『Ghost of Tsushima』の怪情報…境井仁の誉れはPS以外にも広がるか?

  7. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top