次世代機の移行で倒産するパブリッシャーが出てくる―Take-Two CEO | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次世代機の移行で倒産するパブリッシャーが出てくる―Take-Two CEO

Wii Uやソニー、マイクロソフトによる次世代ハードの登場が期待されていますが、Take - Two InteractiveでCEOを務めるStrauss Zelnick氏は、次世代機への移行により倒産するパブリッシャーが出てくると予見しています。

ニュース 最新ニュース
Wii Uやソニー、マイクロソフトによる次世代ハードの登場が期待されていますが、Take - Two InteractiveでCEOを務めるStrauss Zelnick氏は、次世代機への移行により倒産するパブリッシャーが出てくると予見しています。

今週、Credit Suisse Technology ConferenceにてZelnick氏は、次世代コンソールへの移行には財政的な安定が必要であるとして、同社は良質なゲームの開発にフォーカスしている事を伝えました。同氏は移行期は“誰にとっても良く無い”として、歴史的に見てこのビジネスで生じたあらゆる移行において、幾つかのサードパーティが倒産する事態となっている事を説明。

時期が来るとサードパーティーは現行のリリーススケジュールを大きく制限し、次世代機への移行を考え始めるものの、開発基盤が無いこと等から大抵のサードパーティは次世代機のローンチには発売出来ないとして、資本の必要性を伝えました。

同氏は市場で成功する為にパブリッシャーが持つべきである4つの鍵となる要素として、IP、才能、技術、非常に強力な財政基盤を挙げています。(ソース:Take-Two via Polygon)
【関連記事】
『Grand Theft Auto』シリーズは現在までに累計1億2500万本を出荷
Take-Two CEO: 次世代機でのゲーム開発は現行機よりも容易になるだろう
『Borderlands 2』が出荷500万本を突破、『XCOM』は商業的大成功を記録
『Grand Theft Auto V』の対象プラットフォームと発売時期が遂に正式発表!
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

    「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  2. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

    「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  3. 『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

    『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

  4. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  5. 「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

  6. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  7. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

  8. もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願

  9. 『FF7 リメイク』がSteamにも登場か? データベースサイトにタイトルの登録が確認される

  10. Frogwaresが最新作『Project Palianytsia(仮)』を発表―ビクトリア朝ミステリーとエルドリッチホラーをミックスした作風に

アクセスランキングをもっと見る

page top