マリオカートを『GTA V』アートワーク風に描くとこうなった―海外ファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マリオカートを『GTA V』アートワーク風に描くとこうなった―海外ファンアート

昨年末に多くの新情報が公開された『Grand Theft Auto V』。その中の一つに四輪バギーにまたがり銃を抱える主人公Trevorの姿を描いた印象的な一枚のアートワークがありましたが、その構図にインスパイアを受けた『GTA V』風“マリオカート”を描いたファンアートが公開

ニュース 最新ニュース

昨年末に多くの新情報が公開された『Grand Theft Auto V』。その中の一つに四輪バギーにまたがり銃を抱える主人公Trevorの姿を描いた印象的な一枚のアートワークがありましたが、その構図にインスパイアを受けた『GTA V』風“マリオカート”を描いたファンアートが公開されています。

これはDeviantArtユーザーのAmirul Hafizさんが公開したその名も“GRAND THEFT MARIO KART”という作品。筋肉質にギャングナイズされたマリオが『GTA V』風のタッチに見事にマッチしていますね!
(ソース:deviantart via Kotaku)
【関連記事】
本日の一枚『ナイスバディなGod of Warクレイトス子のコスプレ』
本日の一枚『誰でもあの格闘家になれる新作パーカー』
本日の一枚『凄まじく床が凸凹?なフランス・パリのゲームショップ』
本日の一枚 『ウォーリーを探せ風に描かれる“Diabloディレクターを探せ!”』
本日の一枚『マリア像がマリオ像に…』
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

    基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

  2. 『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

    『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

  3. 強力なIP開発やWeb3とディープラーニングへの投資を続ける―『PUBG』開発元の2023年企業戦略が明らかに

    強力なIP開発やWeb3とディープラーニングへの投資を続ける―『PUBG』開発元の2023年企業戦略が明らかに

  4. イーロン・マスクがTwitterAPI有料化に言及―100ドルの月額料金とID認証で物事を整理できる

  5. ゲーミングマウスは大軽量化時代へ!わずか49gの「Razer Viper Mini Signature Edition(約36,000円)」登場、29gの新作を予告するメーカーも

  6. NetEaseが新たなゲームスタジオ「Spliced」設立―『GTA』『CoD』、Google、Amazon出身の人材が参加

  7. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  8. 『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』などがお買い得!最大70%OFFのアトラスセール、2月15日まで

  9. まだ間に合う!『逆転裁判』『ドラゴンズドグマ』『大神』等がお得なカプコンセール開催中、最大76%OFF

  10. 『CCFF7R』や『ドラクエX』オフライン版発売も前年同期比で減収―スクエニHD、2023年3月期第3四半期連結決算発表

アクセスランキングをもっと見る

page top