米ミズーリ州議会議員、「暴力ゲームには税金を課すべき」と主張 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米ミズーリ州議会議員、「暴力ゲームには税金を課すべき」と主張

ミズーリ州議会のDiane Franklin議員(共和党)が、コネチカット州の銃乱射事件をうけ、「暴力的なゲームには1%の消費税を加算すべき」と主張、AP通信によると、加算した1%の税金を無差別乱射事件を予防するために、メンタルヘルスのプログラムや法的な強制措置に充てる

ニュース 最新ニュース
ミズーリ州議会のDiane Franklin議員(共和党)が、コネチカット州の銃乱射事件をうけ、「暴力的なゲームには1%の消費税を加算すべき」と主張しています。

AP通信によると、加算した1%の税金を無差別乱射事件を予防するために、メンタルヘルスのプログラムや法的な強制措置に充てるという旨の主張をしています。Franklinの提案はコネチカット州の銃乱射事件事件に対する一連の方策の中でも最も新しいものになります。

しかしながら、共和党・民主党の中からも、こうした増税には反対する声もあり、実現するにはかなりハードルが高そうです。

近年も、オクラホマ州やニューメキシコ州で同様に立法行為により、「暴力的なゲーム」の増税が議題にはなるものの、実際に制定できずに頓挫しています。
(ソース: HuffPost Politics)

【関連記事】
暴力ゲームを非難した全米ライフル協会が銃撃ゲームの販売をiOS向けに開始
豪州のR18+導入を受け、Warner Bros.が区分拒否となっていた『Mortal Kombat』を再提出
暴力ゲームを処分する地域団体の催しが中止に−米国
米ライフル協会が暴力ゲームを名指しで批判−小学校乱射事件後、初の記者会見
米記者が銃犯罪とビデオゲームの相互関係が無いことを示す比較データを公開
『God of War: Ascension』では女性に対する暴力表現を排除―開発
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  2. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  3. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  4. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  5. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  6. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  7. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  8. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

  9. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  10. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top