米Atariが連邦倒産法第11章を申請、親会社から離れ再建を目指す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米Atariが連邦倒産法第11章を申請、親会社から離れ再建を目指す

昨年創立40周年を迎えた老舗ゲームメーカーの Atari ですが、Los Angels Timesの報告によって同社及び3つの系列会社が連邦破産裁判所に連邦倒産法第11章(チャプター11)を申請していた事が明らかとなりました。

ニュース 最新ニュース

昨年創立40周年を迎えた老舗ゲームメーカーのAtariですが、Los Angels Timesの報告によって同社(Atari Inc.)及び3つの系列会社(Atari Interactive Inc.、Humongous, Inc.、California US Holdings, Inc.)が連邦破産裁判所に連邦倒産法第11章(チャプター11)を申請していた事が明らかとなりました。

Los Angels TimesはAtariが長年にわたる経営不振で負債を抱えるフランスの親会社Atari S.A(旧Infogrames S.A.)から独立し、デジタルとモバイルプラットフォームに焦点を置いた企業として成長する事を目指していると伝えています。

Atariは倒産法363条の下、今後90〜120日間で同社の象徴的なブランドロゴや様々なフランチャイズ(『Pong』、『Asteroids』、『Centipede』、『Missile Command』、『Battlezone』、『Tempest』、『Test Drive』、『Backyard Sports』、『Humongous』等)を含む全ての資産を売却する予定となっています。

紆余曲折の歴史を持ちながらも40年間そのブランドを維持してきたAtariだけに、今後の展開にも要注目です。
(ソース&イメージ: Los Angels Times, Polygon, Game Informer, Side Mission)

【関連記事】
『Pong』の生誕40周年を祝してAtari 2600風ポータブルXbox 360が当たるコンテストが実施
Atariが40週年を祝し『Atari's Greatest Hit』iOS版を24時間限定で無料配信中
THQがRelicやVolitionスタジオなど資産を投資ファンドに売却へ、経営再建を目指す
ユークス、THQへの売掛金を回収できない可能性… 『WWE』シリーズは継続に向けて努力
モータルコンバットのMidwayが米国内で経営破綻。負債総額は2億4000万ドルに
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. ユービーアイソフト上級社員セクハラや暴行の告発を受け退社―『アサシンクリード』シリーズ担当

    ユービーアイソフト上級社員セクハラや暴行の告発を受け退社―『アサシンクリード』シリーズ担当

  2. 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に

    荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に

  3. 『バイオハザード RE:3』キャンペーン全報酬アンロックDLCと『レジスタンス』コスチュームの8月配信発表

    『バイオハザード RE:3』キャンペーン全報酬アンロックDLCと『レジスタンス』コスチュームの8月配信発表

  4. 週末セール情報ひとまとめ『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』『RISK OF RAIN 2』『ライザのアトリエ』他

  5. 辞職したユービーアイ元幹部が「ファンタジーが嫌い」としてアーサー王のゲームを開発中止にしていたことが明らかに【UPDATE】

  6. 『スプリンターセル』元クリエイティブディレクターでもあるユービーアイ重役がセクハラや暴行を告発され辞任

  7. 名優ルトガー・ハウアー死去―『オブザーバー』ダニエル役や海外版『キングダム ハーツIII』ゼアノート役

  8. 様々な航空機トラブルに対処せよ! 危機管理シム『Flight Catastrophe』発表

  9. Epic GamesストアにてローグライクACT『20XX』ローグライクRPG『Barony』アクションADV『スキタイのムスメ:音響的冒険劇』期間限定無料配信開始

  10. PS5は初期900万台の生産を目指す―Facebookとソニーが自社デバイスの増産を準備

アクセスランキングをもっと見る

page top