1960年代アメリカが舞台のオープンワールドバイカーゲーム『Ride to Hell』は現在も開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

1960年代アメリカが舞台のオープンワールドバイカーゲーム『Ride to Hell』は現在も開発中

オープンワールドタイトルとして2008年にDeep Silverより正式発表されていた『Ride to Hell』。長らく情報が途絶えプロジェクトがキャンセルされたのではとも見られていた本作ですが、Deep Silverが海外サイトPlaynewsに対し現在も開発が続いていることを明らかにしまし

PC Windows
オープンワールドタイトルとして2008年にDeep Silverより正式発表されていた『Ride to Hell』。長らく情報が途絶えプロジェクトがキャンセルされたのではとも見られていた本作ですが、Deep Silverのスタッフが海外サイトPlaynewsに対し現在も開発が続いていることを明らかにしました。

Playnewsに登場したコミュニケーションマネージャーMartin Wein氏は、同作の開発が現在も続いていることを明らかにし、近い将来に更なる情報を届けると約束。またこれにあわせて、開発メンバーたちのLinked In職歴ページから現在同作が開発中であるという記載も確認されており、報道の信憑性を高めています。また北米Amazonでは早くも『Ride to Hell』の商品ページが登場しているようです。



2008年に正式発表された『Ride to Hell』は1960年代米国西部のバイカーカルチャーをテーマにしたタイトル。当時公開されていたプレビューでは、プレイヤーがベトナム帰還兵のRay Kmainskiとなり、ヒッピー文化で覆われたカリフォルニアを旅していくことや、開発に元Rockstar Gamesのメンバーが関わっていることなどが明らかにされていました。
(ソース: Polygon)

【関連記事】
60年代アメリカを舞台にしたオープンワールドバイカーゲーム『Ride to Hell』プレビュー
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 盾オペレーター「Clash」がついに賞金首?『レインボーシックス シージ』で彼女のグリッチを報告して報酬を獲得できるプログラムが開始

    盾オペレーター「Clash」がついに賞金首?『レインボーシックス シージ』で彼女のグリッチを報告して報酬を獲得できるプログラムが開始

  2. 汚染された島を破壊して回るオープンワールドACT『SLUDGE LIFE』発表! 日本語版も同時リリース予定

    汚染された島を破壊して回るオープンワールドACT『SLUDGE LIFE』発表! 日本語版も同時リリース予定

  3. Co-op大群ゾンビARPG『The Black Masses』早期アクセス開始日発表―膨大な数のゾンビが襲い来る!

    Co-op大群ゾンビARPG『The Black Masses』早期アクセス開始日発表―膨大な数のゾンビが襲い来る!

  4. PC版『ファイナルファンタジーIII』がSteamでの国内向け配信を開始―ギャラリーモードやオートバトル機能を追加するアップデートも

  5. 『オーバーウォッチ』新機能「ヒーロー・プール」やダメージ3人構成の実験的モードが明らかになる最新パッチノート!

  6. 「GeForce」ドライバアップデート!『ARK』『Apex Legends』『ディビジョン2』により最適化

  7. サイコホラーADV『Those Who Remain』海外5月15日発売―闇に支配された町に潜む恐怖

  8. ゲイジ参上! 『ボーダーランズ3』新DLC「愛と銃と触手をぶっ放せ! ウェインライトとハマーロックの結婚式」3月27日リリース

  9. 最新作『Baldur's Gate 3』のゲームプレイがお披露目! デベロッパー過去作のセールも実施中

  10. 『PAYDAY 2』で新たなDLC4種同時リリース―公式日本語版登場もまもなく!

アクセスランキングをもっと見る

page top