1960年代アメリカが舞台のオープンワールドバイカーゲーム『Ride to Hell』は現在も開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

1960年代アメリカが舞台のオープンワールドバイカーゲーム『Ride to Hell』は現在も開発中

オープンワールドタイトルとして2008年にDeep Silverより正式発表されていた『Ride to Hell』。長らく情報が途絶えプロジェクトがキャンセルされたのではとも見られていた本作ですが、Deep Silverが海外サイトPlaynewsに対し現在も開発が続いていることを明らかにしまし

PC Windows
オープンワールドタイトルとして2008年にDeep Silverより正式発表されていた『Ride to Hell』。長らく情報が途絶えプロジェクトがキャンセルされたのではとも見られていた本作ですが、Deep Silverのスタッフが海外サイトPlaynewsに対し現在も開発が続いていることを明らかにしました。

Playnewsに登場したコミュニケーションマネージャーMartin Wein氏は、同作の開発が現在も続いていることを明らかにし、近い将来に更なる情報を届けると約束。またこれにあわせて、開発メンバーたちのLinked In職歴ページから現在同作が開発中であるという記載も確認されており、報道の信憑性を高めています。また北米Amazonでは早くも『Ride to Hell』の商品ページが登場しているようです。



2008年に正式発表された『Ride to Hell』は1960年代米国西部のバイカーカルチャーをテーマにしたタイトル。当時公開されていたプレビューでは、プレイヤーがベトナム帰還兵のRay Kmainskiとなり、ヒッピー文化で覆われたカリフォルニアを旅していくことや、開発に元Rockstar Gamesのメンバーが関わっていることなどが明らかにされていました。
(ソース: Polygon)

【関連記事】
60年代アメリカを舞台にしたオープンワールドバイカーゲーム『Ride to Hell』プレビュー
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

    ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

  3. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

    『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  4. レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

  5. 『Arma 3』初のサードパーティ開発DLC「Global Mobilization - Cold War Germany」発表

  6. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  7. ゾンビCo-opシューター『World War Z』PC版がEpic Gamesストアに登場―専売となるかは未発表

  8. ダークなトップダウンシューターRPG『Beyond The Veil』配信―弾幕をくぐり抜けて生き残れ

  9. 『アサシン クリード ユニティ』PC版の要求スペックが公開― 最小にGTX680を要求

  10. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top