ゲーム部門は大幅な減収、PS3とPSPの不振響く−ソニーQ3連結業績はモバイルの連結で改善 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム部門は大幅な減収、PS3とPSPの不振響く−ソニーQ3連結業績はモバイルの連結で改善

ソニーは2月7日、2013年第3四半期決算を発表しました。ソニー・モバイルの連結で営業益は829億5500万円(前年同期は658億6300万円の赤字)と黒字化、最終赤字は508億7400万円となっています。ゲーム部門については売上高が2685億円(前年同期比15.1%減)、営業利益は46億円

ニュース 最新ニュース
ソニーは2月7日、2013年第3四半期決算を発表しました。ソニー・モバイルの連結で営業益は829億5500万円(前年同期は658億6300万円の赤字)と黒字化、最終赤字は508億7400万円となっています。ゲーム部門については売上高が2685億円(前年同期比15.1%減)、営業利益は46億円(前年同期比86.1%減)と苦戦しています。

ゲーム部門については、PlayStation Vitaの売上が計上されているものの、PlayStation3及びPlayStation Portableの売上減を補えていないということです。ハードの減収だけでなく、ソフトの売上も落ち込んでおり、減収となったほか、ハードの不振が営業益の大幅な減少に直接的な影響を与えているとしています。

通期の見通しとしても、既にPS Vitaの年間販売計画を下方修正しており、売上高・営業益ともに11月時点の想定を下回る見込みで、前年度比では大幅な減収減益となるとしています。

なお、連結では売上高5兆678億2200万円(前年同期比3.6%増)、営業益829億5500万円、税引前純利益584億9300万円(前年同期は827億円の損失)、最終赤字は508億7400万円(同2014億4700万円の赤字)となっています。

主な要因としては、ソニー・モバイル(旧ソニーエリクソン)の連結が大きいとのこと。前年に連結していたと想定すると、売上高自体はほぼ横ばいということです。また、映画・音楽・金融分野の好調、テレビの損益改善や円安の進行といった要因も増収に寄与しています。 (ソース: ソニー 2013年3月期第3四半期決算短信(PDF), ソニー 2013年3月期第3四半期決算資料(PDF))
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

    国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

  2. 『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

    『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

  3. 「家にいよう、命を守ろう」英国政府と協力のゲーム会社が新型コロナ拡散防止メッセージを周知

    「家にいよう、命を守ろう」英国政府と協力のゲーム会社が新型コロナ拡散防止メッセージを周知

  4. 『DayZ』オリジナル版制作者とスタンドアロン版ディレクターが未発表の大規模サバイバルゲームを制作中

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『セインツロウ ザ・サード』のPC/PS4/Xbox One向けリマスター版が海外発表!

  7. 「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

  8. 更に伸びゆくSteam同時接続……最大2,400万人を突破、メーカーによる無料ゲーム配布も続く【UPDATE】

  9. ソニーの次世代PS5の詳細が報じられるーレイトレーシング対応やインストールの仕様変更などが明らかに

  10. 独特な世界観とビジュアルが目を引く新作RPG『DISCO ELYSIUM』―はみ出し刑事が事件解決に挑む

アクセスランキングをもっと見る

page top