SteamBoxとして話題になったXi3の小型PC“Piston”に謎のInfinity Wardロゴ入りバージョンが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SteamBoxとして話題になったXi3の小型PC“Piston”に謎のInfinity Wardロゴ入りバージョンが登場

今年1月に世界初のSteamBoxとして内外で大々的に報じられたXi3 CorporationとValveの小型PC“Piston”ですが、『Call of Duty』と『Modern Warfare』シリーズで知られるInfinity Wardが同スタジオのロゴ入りPistonを撮影したと思われるイメージをTwitterとFacebookにて

ニュース 最新ニュース

今年1月に世界初のSteamBox(正確には今後展開されていく複数のSteaBox製品の内の1つ)として内外で大々的に報じられたXi3 CorporationとValveの小型PC“Piston”ですが、『Call of Duty』と『Modern Warfare』シリーズで知られるInfinity Wardが同スタジオのロゴ入りPistonを撮影したと思われるイメージをTwitterとFacebookにて掲載。「なんだと思う?」とファンらに問題を投げかけました。

リビングでソファに座りながら快適にPCゲームをプレイするとのビジョンを持つPCゲーム機SteamBoxですが、その中で先陣を切ったPistonは小さなサイズで取り回しやすさに長け、LANパーティなどでも扱いやすい機種となっています。今回登場した謎のInfinity Wardロゴ入りPistonは、最新作『CoD:MW4』など『Call of Duty: Modern Warfare』作品をプリインストールしたバージョンではないかとも予想されるところですが、現在のところ公式情報はこの画像のみとなっており詳細は不明です。


(ソース: Twitter@Infinity Ward , Facebook@Infinity Ward)

【関連記事】
Steam Boxのライバルはコンソール機ではなくApple−ゲイブ・ニューウェル
CES 13: Gabe Newell氏が自社開発Steam Box“Bigfoot”の詳細を明らかに
Valve: “Piston”の他にも複数のカスタムハードウェアプロトタイプがある
Valveが工業デザイナーや心理学者を求人、ハード開発を示す記述も
Valveが“ゲームプレイ経験を増強する”ハードウェアを開発中
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

    基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

  2. 『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

    『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

  3. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

    Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  4. ゲーミングマウスは大軽量化時代へ!わずか49gの「Razer Viper Mini Signature Edition(約36,000円)」登場、29gの新作を予告するメーカーも

  5. 『 イース・メモワール -フェルガナの誓い- 』プロローグムービーが公開!PSP“屈指の名作”が、ニンテンドースイッチ向けにグレードアップ

  6. 生き延びるために戦え! 剣闘士アクション『Gladiux』発表―2020年リリース予定

  7. まだ間に合う!『逆転裁判』『ドラゴンズドグマ』『大神』等がお得なカプコンセール開催中、最大76%OFF

  8. 『メトロ エクソダス』スタッフがウクライナ侵攻の戦闘任務で戦死…より鮮明になるゲーム業界への影響

  9. 『Arma: Cold War Assault』Steam版が再び無料配布! 日本時間7月4日午前2時まで

  10. 【RETRO51】須田ゲーテイスト満載!? 伝説のカルトゲーム『アウトフォクシーズ』で遊ぶ

アクセスランキングをもっと見る

page top