TerrariaライクなSF風2Dアクション『Edge of Space』のトレイラー公開、Steam Greenlightで賛同者募集中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

TerrariaライクなSF風2Dアクション『Edge of Space』のトレイラー公開、Steam Greenlightで賛同者募集中

SF的世界観で2Dフィールドを探索&戦闘する『Edge of Space』のトレイラーが公開されました。あわせて、Steam Greenlightで「いいね!」を募集しています。ジャンルはAction/ Adventure/RPG、プラットフォームはPC/Mac。クロスプラットフォームでのマルチプレイもできま

ニュース 最新ニュース

SF的世界観で2Dフィールドを探索&戦闘する『Edge of Space』のトレイラーが公開されました。あわせて、Steam Greenlightで「いいね!」を募集しています。ジャンルはAction/ Adventure/RPG、プラットフォームはPC/Mac。クロスプラットフォームでのマルチプレイもできます。Greenligth入りしたのは昨年8月31日ですが、着々と開発を進めている模様。製作は、LordShaggyとReverb Publishing。

ベータテストはすでに始まっており、インディーズゲーム配信サービスDesuraなどで販売中。単体での価格は931円、サウンドトラックやアートブック、ゲーム内アイテムを同梱した『Edge Of Space Special Edition』は2,329円。いずれにも正式リリースの暁には特別なアイテムが付与されます。ベータなのに金を取るのかよ!と突っ込みを入れた方は、『Minecraft』あたりのことを思い出してみてください。

さて、冒頭の一文ならびに上掲トレイラーをご覧になれば一発でお分かりいただける通り、『Terraria』(国内題『テラリア』)風です。それもそのはず、『Terraria』のデベロッパーRe-LogicならびにRegidit氏が開発に協力したようで、Greenlight上に感謝のメッセージが記載されています。

宇宙の果てで基地を作る。

では『Terraria』の単純なクローンなのか?となるとそれは違いそうです。一見すると、おもに建築パートに使用するであろうブロック群がいかにも似ているため模倣作に感じられなくもありません。

しかし、動画再生1秒後から猛烈に伝わってくるスプライトの活気は、IGAこと五十嵐孝司氏の探索型『ドラキュラ』シリーズを彷彿とさせます。また、メカまわりの息遣いは、日本が生んだドット絵の極北『メタルスラッグ』シリーズすら連想するところです。50秒動画を観ることすら億劫な方は、せめてアイコンだけでもご確認ください。

肝心のゲーム部分のほうにも個性付けがなされています。スピーディーな建築、搭乗兵器、カスタムアーマーなど、ハードSF風世界観を活かす形の要素が複数織り込まれているのが確認できます。ほかにSteam上で紹介されているのは、ガス・シミュレーションや、送電システム、協力兵器、非直線な成長要素、反応する環境、大目標("global goal")、ユニークなクラフトシステムなど。さらに、充実したチャット機能の実装や、MOD制作ツールの提供予定など、ゲーム外でのサービス精神も光ります。探索アクションとして『Terraria』の完成度が相当高かったためどうしても比較してしまいますが、期待を裏切らないでくれそうです。

対話が成立しない場合はコレだ。

いくつかの点で物議を醸した国内版『テラリア』をあと少し待つ間、『Edge of Space』へ投票して早期リリースに貢献しておくのも精神衛生に悪くはありません。(ソース: Steam Greenlight via Destructoid)
《Gokubuto.S》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

    『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  2. 原告が訴訟取り下げ…香川ゲーム条例裁判は16日に結審済み、8月に判決へ

    原告が訴訟取り下げ…香川ゲーム条例裁判は16日に結審済み、8月に判決へ

  3. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

    「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  4. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  5. 選手の靴下までカスタマイズできるアメフトゲーム正式リリース―採れたて!本日のSteam注目ゲーム3選【2022年5月17日】

  6. 企業と労働者の闘い描く火星ターン制タクティカル戦闘ゲーム『Mars Tactics』発表!

  7. ゲームデザインの学士号がNYの公立大で誕生!今後3年間で1,000人以上の学生に約2億6,000万円を投資する予定

  8. 『Alan Wake 2』や『CONTROL』スピンオフなどの開発進捗は?Remedy Entertainmentがゲーム開発ロードマップを公開

  9. 宇宙的恐怖にのみ込まれるホラーアクションADV『THE CHANT(ザ・チャント)』発表!

  10. 開発棟のどこかで『F-ZERO』に使えるアイデアを誰かが考えているかも…米任天堂元社長“レジー”が『F-ZERO』新作について考えを明かす

アクセスランキングをもっと見る

page top