再始動した『MLP: Fighting is Magic』に『Skullgirls』のLab Zero Gamesも条件付きで開発を支援 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

再始動した『MLP: Fighting is Magic』に『Skullgirls』のLab Zero Gamesも条件付きで開発を支援

権利を所有するHasbroの申し出により、先月に開発の中止が伝えられていたマイリトルポニーの同人格闘ゲーム『MLP: Fighting is Magic』。開発チームMane6の解散も伝えられるなど、このまま日の目を見ることは無いと思われていた本作ですが、今月に入りプロジェクトは大

ニュース 最新ニュース
権利を所有するHasbroの申し出により、先月に開発の中止が伝えられていたマイリトルポニーの同人格闘ゲーム『MLP: Fighting is Magic』。開発チームMane6の解散も伝えられるなど、このまま日の目を見ることは無いと思われていた本作ですが、今月に入りプロジェクトは大きな動きを見せているようです。

Mane6の公式サイトでは今月初頭にゲームスタイルや動作/メカニックはそのままに、キャラクターや設定を一新して開発を継続する事をアナウンスしており、さらに開発の新メンバーとしてアニメーション作品『My Little Pony: Friendship Is Magic』のシーズン1で制作総指揮者を務めたアニメイター兼作家のLauren Faust氏の参加も表明されるなど、異例のリスタートを果たし注目を集めていた本作ですが、ここにきて『Skullgirls』で知られるLab Zero Gamesも条件付きで開発を支援する事を発表しました。

その条件となるのは、現在も実施されているindiegogoを利用した『Skullgirls』の開発支援キャンペーンの達成金額で、最終的に72万5千ドルを達成した場合、Mane6に『Skullgirls』エンジンの使用ライセンスを無料提供するというもの。美しいキャラクターアートの実現を可能とする同エンジンを利用する可能性に、ファンの間で大きな話題を呼んでいるようです。尚、3月19日現在で『Skullgirls』のクラウドファウンディングは約44万2千ドルに達し、残りの日数は10日となっています。(ソース: Man6 via Joystiq)
【関連記事】
EVOの種目候補にも選ばれていた『My Little Pony: Fighting is Magic』が開発差し止めに
『Skullgirls』追加キャラ制作のためのクラウドファウンディングが22時間で目標達成!
追加キャラ実現を目指す『Skullgirls』のクラウドファウンディングがスタート!
遂に日本上陸!海外発の2D格闘ゲーム『スカルガールズ(Skullgirls)』プレイレポ
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

  2. 爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

    爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

  3. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

    最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  4. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. Blizzardが『Diablo III』のクロスプレイ実現に取り組んでいることが判明―海外メディア報道

  7. 『絶体絶命都市4Plus』発売が11月22日に変更―さらなるクオリティ向上のため

  8. 未発表作『GTA6』の発売時期が『GTAオンライン』内で突如告知―ハッカーによるいたずらか【UPDATE】

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』の必要ストレージ容量は100GB以上か―オンラインのプレイヤー数は最大32人に

  10. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

アクセスランキングをもっと見る

page top