現代に蘇ったファミコンウォーズ的なターンベースSLG『Battle Worlds: Kronos』が正式発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

現代に蘇ったファミコンウォーズ的なターンベースSLG『Battle Worlds: Kronos』が正式発表

PC Windows



ドイツのブレーメンに居を構える開発スタジオKing Art Gamesは、クラシックなターンベースストラテジーを目指す新作タイトル『Battle Worlds: Kronos』を正式発表しました。

クラウドファンディングサイトKickstarterにて開発資金を募っている本作ですが、既に開始初日で目標額12万ドルの4分の1以上となる3.5万ドルを900人から獲得(期限は40日間)。プリアルファ版とは思えない美麗なグラフィックやクラシックなコンセプトが密かに注目を集めているようです。

開発のKing Artの発表によれば、本作は『ファミコンウォーズ(Advance Wars)』や『Battle Isle』といった往来の名作を彷彿とさせるターンベースのストラテジーを、現代のプレイヤーにもプレイして貰うというコンセプトのタイトルとなっています。




ゲームにはシングルキャンペーンにマルチプレイヤー対戦、そしてマップエディター搭載といった感じで、際立って特殊なフィーチャーは無いですが、往来のターンベース作品に存在した手強いAIや資源ベースの戦略、長所と弱点が混在する個性的なユニットなど、誤魔化し無しの基本に忠実なゲームとなることがアピールされています。King Art Games曰く“真の挑戦的なターンベース戦略ゲームプレイ”を目指しているとのこと。

ゲーム中には40種類のユニットや建築物が存在し、それぞれアップグレードで機能を追加することが可能です。またオンライン対戦では同期型のマルチプレイヤーに加え、非同期型のマルチプラットフォーム対戦にも対応しており、コミュニティの運営やトーナメントの開催など手厚いサポートも予定されていると伝えられています。




Kickstarterにて目標額12万ドルを獲得できれば、ゲームはボックスとダウンロード両方でリリースされ、対象プラットフォームはPC/Mac/Linuxに加えマルチプレイヤー限定のブラウザー版も登場する予定。またDLCやマイクロトランザクションは予定しておらず、DRMも存在しないなどユーザーフレンドリーなリリース計画が好感の持てるところとなっています。

現代のファミコンウォーズとなれるか『Battle Worlds: Kronos』、発売は2013年Q4が目標。またQ2、Q3には投資者向けのアルファテスト、ベータテスト(ただしベータは後にオープン化)も行われていく予定となっています。
(ソース&イメージ: Kickstarter@Battle Worlds: Kronos)

【関連記事】
ターンベースの新作『Warhammer 40,000』ゲームが開発中、製作スタジオはSlitherine
『Jagged Alliance』のCorePlayが新作ターンベースRPG『Chaos Chronicles』を発表
元BioWareスタッフが手がけるターンベースSRPG『The Banner Saga』のアートワーク集
E3 2012: 日本のターンベース作品も刺激に『XCOM: Enemy Unknown』ミニインタビュー
荒廃した未来の地下鉄でもがく最後の人類を描いたターンベースRPG『Underrail』
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

PC アクセスランキング

  1. ドアを蹴破り敵を殲滅! 高速アクションFPS『HIGH HELL』がSteam配信

    ドアを蹴破り敵を殲滅! 高速アクションFPS『HIGH HELL』がSteam配信

  2. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

    『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

  3. 『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

    『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

  4. 国家の行方を担う政治経済シム『Government Simulator』が12月Steam配信!

  5. オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

  6. 海外産無料ADV『Doki Doki Literature Club!』Steamで配信―美少女達の文芸クラブは「どきどき」いっぱい?

  7. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  8. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

  9. DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

  10. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

アクセスランキングをもっと見る

page top