PAX East: Cliffy Bキーノート「ゲームファンはどこよりも平和的な人々」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PAX East: Cliffy Bキーノート「ゲームファンはどこよりも平和的な人々」

ゲーム文化 カルチャー


PAX East初日、ボストンコンベンションセンター3Fの数千人規模を収容するメインシアター(Ballroom)で、元Epic GamesのゲームデザイナーCliff Bleszinski氏のキーノート“Storytime with Cliff Bleszinski”が実施。開始前から長蛇の列ができ、巨大なホールはあっという間に満席状態。そのカリスマ性と人気ぶりは並大抵ではありません。

キーノートは、まず話題のVRヘッドセットOculus Riftへの強い関心が示された後“ストーリー”すなわちCliffy Bの幼少時代にまでさかのぼる過去、そして自身がビデオゲームに身を投じることになったルーツが深く語られました。


任天堂信者だった少年時代、そのおかげで学校でいじめにあった顛末、突然の父親の死、ゲームを通じた妻との出会い、そして結婚、現在に至るまで、様々なエピソードがお得意のマシンガン的な早口で次々と語られ、会場ぎっしりのオーディエンスを沸かせる様は、もはやゲームクリエイターというよりエンターテイナーといった方がふさわしいかもしれません。

Cliffy Bは講演の終盤で、コネティカット乱射事件以来、再び取り沙汰される機会が増えたビデオゲームと暴力のトピックにも言及。スポーツの試合などで観客が乱闘する様子を写したスライドを示し、今だかつてゲームのイベントでこのような光景は見たことがない、ゲームファンは紳士的な人々であり、そのコミュニティーはどこよりも平和的であると宣言し、会場から大きな歓声が沸き起こりました。


尚、Bleszinski氏の気になる次回作や今後の動向に関して今回は言及なし。大きな企業で働くのは良いが、ゲームのデザイン面で手の届かないことがある、という趣旨の発言もしていることから、インディペンデントの立場を維持していくことが予想されます。

【関連記事】
「あなたがお金で投票するもの」 Cliffy Bが議論の過熱するアイテム課金について持説を展開
今のビデオゲーム業界は大規模な動乱状態−Cliff Bleszinski
Cliff Bleszinski氏が3月にボストンで開催されるイベントPAX Eastの“Storytime“に登場へ
Cliffy Bが新スタジオ設立を視野に。『BlueStreak』なる新アイデアも
Cliffy BがVGA 2012に出席予定 「何か特別なことをしている」
パリを訪問中のCliffy Bに謎の小包が届く−Ubisoftと極秘に接触か
Cliffy Bが「カプコン、俺を呼んでくれ」とツイート
休暇中のCliffy BがActivision、EA、Zyngaなどの大手企業を訪問
Cliffy Bが『バイオハザード6』をプレイ 「今のところ楽しんでいる」
『Gears of War』シリーズで知られるゲームデザイナーCliff Bleszinski氏がEpic Gamesを退社
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

  2. 『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

    『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

  3. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

    【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  4. 【レポート】鋭意開発中の『SOUL REVERSE』を体験、初登場となるレンジャーの操作感はいかに?

  5. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国チームメンバーと試合日程が公開!

  6. 初代『DOOM』パッケの人物にモデルが?ジョン・ロメロが裏話明かす

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

  9. これがチリ産ホラー格ゲーか…『オーメン・オブ・ソロー』ゲームプレイ!―日本語公式サイトも

  10. 【特集】PS4『謎の格闘ゲーム』のシステムは?―アリカ代表の西谷亮氏にインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top