新生『Thief』のPC版は安易なコンソール移植ではない―プロデューサー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新生『Thief』のPC版は安易なコンソール移植ではない―プロデューサー

PC Windows

PC/PS4/その他の次世代機を対象に2014年に登場が予定されている新生『Thief』。1998年から2004年までにPCをメインプラットフォームに3作品が展開されたステルスアクションゲームの本シリーズですが、最新作の開発を手掛けるEdios Montrealでプロデューサーを務めるStephane Roy氏が、PC版における開発の指針について語っています。

海外サイトStrategy Informerのインタビューに登場したRoy氏は、『Thief』の開発チームはPC版を“極めて重要”であると認識しており、コンソール版と異なるキーボード+マウスのインターフェイスを確固としたものにするべく、PC版の開発を進めているとのこと。

またRoy氏は、PCとコンソールを異なるタイプの野獣と捉えてPC版の開発を行っているらしく、同スタジオが目指すところはPC版を安易なコンソール版の移植にはしないことと伝えています。

ハードを一世代飛び越し、次世代機向けに復活を遂げる新生『Thief』は、2014年に登場が予定されています。(ソース: Strategy Informer via IGN)
UPDATE(4/11 22:25):文章を一部変更しました。訂正してお詫び致します。
【関連記事】
新生『Thief』の初トレイラー“Out of the Shadows”公開。闇に紛れる盗賊となれ
退廃的なスラムの町並みを描く『Thief 4』最新コンセプトアート
およそ9年ぶりの復活を果たす『Thief 4』のティザー映像が公開
主人公は英雄では無く盗賊―ついに正式発表となった『Thief 4』の最新ディテールが一挙登場
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. 壮大宇宙MMO『EVE Online』Steam版リージョン規制解除、日本からのプレイが可能に【UPDATE】

    壮大宇宙MMO『EVE Online』Steam版リージョン規制解除、日本からのプレイが可能に【UPDATE】

  2. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

    『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  3. サイバーパンクホラー『Observer』海外発売日決定!―「ブレードランナー」のルトガー・ハウアー出演も判明

    サイバーパンクホラー『Observer』海外発売日決定!―「ブレードランナー」のルトガー・ハウアー出演も判明

  4. 恐怖が終わらない『サイコブレイク2』最新トレイラー!「全部お前のせいだ」

  5. 『DOOM』新アップデートでDLCが本体に統合へ―フリーウィークエンドも実施

  6. 『PUBG』Weekアップデート延期へ―内部クライアントクラッシュ問題で

  7. PC版『レインボーシックス シージ』新要素「アルファパック」が正式実装

  8. 『Warhammer 40,000: Inquisitor - Martyr』新トレイラー!―ユニークなシステムの紹介なども

  9. OS風操作の新感覚RPG『Kingsway』が配信開始!―デスクトップで展開する冒険

  10. 『PUBG』最大接続数がSteam歴代4位に―キャラカスタマイズの強化も予定、UI改善調査実施中

アクセスランキングをもっと見る

page top