『Call of Duty: Ghosts』の開発に前作MW3のSledgehammerは参加せず、現在は自社タイトルを進行中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty: Ghosts』の開発に前作MW3のSledgehammerは参加せず、現在は自社タイトルを進行中

Infinity Wardより後のRespawnスタジオ設立へ繋がる主要メンバーの離脱が発生し、それを助ける形で2011年『Call of Duty: Modern Warfare 3』の開発に参加した米国のスタジオSledgehammer Games。しかし最新作『Call of Duty: Ghosts』にはSledgehammerは関与しておらず

PC Windows

Infinity Wardより後のRespawnスタジオ設立へ繋がる主要メンバーの離脱が発生し、それを助ける形で2011年『Call of Duty: Modern Warfare 3』の開発に参加した米国のスタジオSledgehammer Games。しかし最新作『Call of Duty: Ghosts』にはSledgehammerは関与しておらず、Infinity Wardのみ、あるいはInfinity Wardと他のスタジオで開発が進められるようです。

これはSledgehammer Gamesの公式Twitterアカウントが昨夜の『CoD: Ghosts』のお披露目に対し明らかにしたもの。Infinity Wardへのエールが送られたツイートによれば、Sledgehammerは現在つぎなる自社プロジェクトを進めている際中であるとのこと。

かつては三人称視点のアクションアドベンチャー版『Call of Duty』を手掛け開発中止になったことが明らかにされていたSledehammerですが、完全新規IPであるのか、あるいは新たな『CoD』のスピンオフプロジェクトが登場するのか、彼らの動向に注目が集まるところとなっています。
(ソース: Twitter@Sledgehammer Games)

【関連記事】
Sledgehammer Gamesが新作『Call of Duty』の開発者を募集か
Sledgehammerが“未発表のハイエンドコンソールタイトル”の開発スタッフを募集
Sledgehammer: 『Modern Warfare 3』の開発には多くのプレッシャーを感じた
Sledgehammerが手がける『Call of Duty』スピンオフ作品が開発中止の可能性
Sledgehammer: 『Modern Warfare 3』のコンソール版は60fpsで動作
《ishigenn》
BFV最新ニュース[PR]

PC アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』PC版1.0.3.10アップデート配信、FOV調整やSPECIAL再割り振りが可能に

    『Fallout 76』PC版1.0.3.10アップデート配信、FOV調整やSPECIAL再割り振りが可能に

  2. 『Dead by Daylight』新チャプター「Darkness Among Us」配信開始―「与えられた猶予」の仕様変更も

    『Dead by Daylight』新チャプター「Darkness Among Us」配信開始―「与えられた猶予」の仕様変更も

  3. PC版『レインボーシックス シージ』ランクマッチの2段階認証必須化がスタート

    PC版『レインボーシックス シージ』ランクマッチの2段階認証必須化がスタート

  4. 海賊ファンタジーMMO『ATLAS』Steam早期アクセス開始延期へー12月20日配信に変更

  5. キュートなロボット達が戦うアリーナ型対戦SLG『Clatter』Steamにて配信開始!マルチプレイにも対応

  6. 血湧き肉躍る90年代風FPS『DUSK』正式リリース! 黄金時代の作品からインスパイア

  7. ゾンビCo-opシューター『World War Z』PC版がEpic Games Storeに登場―専売となるかは未発表

  8. HPの人気ゲーミングPCが超オトクに!「ウィンターゲーミングキャンペーン」開催中

  9. PC『CoD:BO4 バトル版』 配信開始!―ゾンビモードを除いたバージョンが期間限定特別価格

  10. 世代交代が特徴の2D弾幕MMO『Survived by』Steam早期アクセス開始!ー無料でプレイ可能

アクセスランキングをもっと見る

page top