『遊星からの物体X』のジョン・カーペンター監督、『Dead Space』の映画化に関心 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『遊星からの物体X』のジョン・カーペンター監督、『Dead Space』の映画化に関心

『遊星からの物体X』をはじめとして数多くのSF映画を手掛けた巨匠ジョン・カーペンター監督が、EAのサバイバルホラーゲームシリーズ『Dead Space』の映画化に興味を示しています。

ニュース 最新ニュース
遊星からの物体X』をはじめとして数多くのSF映画を手掛けた巨匠ジョン・カーペンター監督が、EAのサバイバルホラーゲームシリーズ『Dead Space』の映画化に興味を示しています。

Game Informerが行った最新のインタビューでカーペンター監督は、同シリーズの映画化の構想は既に出来上がっているとしており、本作の孤立した宇宙船といった舞台設定から、『Dead Space』は素晴らしい映画になる事が断言出来ると主張、同作品の映画化にラブコールを送っています。

尚、今年の2月にリリースされた『Dead Space 3』でプロデューサーを担当したJohn Calhoun氏は、開発中にチームで『遊星からの物体X』を観賞していた事を過去のインタビューで明らかにしており、グロテスクで気味の悪いモンスターや、緊張感のある人間ドラマの面で強く影響を受けた事を伝えていました。

2009年に第一報が報じられるも、現在までに形にはなっていない映画版『Dead Space』。果たして公開される時は来るのでしょうか。(ソース: CVG)
【関連記事】
『Dead Space』のハリウッド実写映画化が決定。シリーズ新作も開発中?
『Dead Space 3』DLC“Awakened”が3月12日に配信決定、ホラーなローンチトレイラーも公開
『Dead Space 3』の売り上げが振るわず『DS4』の開発は中止に?―海外サイト報道【UPDATE】
武器作成からCo-opプレイまで新要素も注目のサバイバルホラー『Dead Space 3』プレイレポ
『Aliens: Colonial Marines』が早くも『Dead Space 3』超え!−UKチャートTOP40
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

    Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

  3. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  4. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  5. 終末世界街づくりシム『END ZONE A WORLD APART』アーリーアクセスを4月2日から開始―21XX年世界は放射能に包まれた!

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  8. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  9. Steamにて予約購入したゲームがリリース前であれば返金可能に、アカウントページから簡単に申請可

  10. サターンの名作『パンツァードラグーン』がVRに!シリーズ三部作のエピソードを舞台とした『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』2020年発売

アクセスランキングをもっと見る

page top