ソニー連結業績、利益が前年度比94.1%減の17億円・・・今後はPS4に期待する形に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニー連結業績、利益が前年度比94.1%減の17億円・・・今後はPS4に期待する形に

ニュース 最新ニュース

ソニーは、2012年度の連結業績を公開しました。

ソニー全体の売上高は、6兆8008億円(前年度比4.7%増)になりましたが、ゲーム分野では、売上高が7,071億円(前年度比12.2%減)となり、この大幅な減収は為替の好影響があるものの、主にPS3・PSPハードウェア・ソフトウェア、ならびにPS Vitaハードウェアの販売数量の減少が原因としてあげられました。なお、前年度の為替レートを適用した場合15%の減収となります。

営業利益は、17億円(前年度比94.1%減)となり、前述の PSPハードウェア・ソフトウェアの減収、ならびに2013年2月に日本で実施した PS Vita の戦略的価格改定の影響の影響が大きいようです。

それでは、ハードウェア・ソフトウェアの販売減少を具体的に見ていきます。据置型ハードウェア(PS3・PSP)は1,650万台(前年度比8.3%減)でソフトが15,390万本(前年度比6.4%減)、携帯型ハードウェア(PS Vita・PSP)は700万台(前年度比2.9%増)でソフトが2,880万本(前年度比10.5%減)となりました。

なお、ゲーム分野の今後については、2013年度にPS4を導入する予定であり、これにより大幅な増収が見込まれています。営業利益については、増収による改善要因があるものの、PS4導入にともなう研究費や広告宣伝費の増加によりほぼ前年度並みが見込まれます。

ハードウェア・ソフトウェアの年間売上台数の見通しに関しては、 据置型ハードウェア(PS3・PSP)が1,000万台、携帯型ハードウェア(PS Vit・PSP)が500万台と設定しました。

今回、前年度と比較して大幅な減少となってしまったゲーム分野ですが、PS4がどれほどの利益をもたらすのか関心が集まります。
(ソース: Sony Japan)

【関連記事】
ソニーが謎のタイトルのカウントアップサイトを公開
『グランツーリスモ』15周年記念イベントの開催が発表、山内氏がシリーズの未来についてプレゼン
PS4インタビュー映像シリーズがプレコミュにて連載開始!第1回目はUbisoft『Watch Dogs』!
PS3とtorneがセットになったお買い得モデル「PS3 HDDレコーダーパック 250GB」7月11日発売
PSストアに“インディーゲーム”カテゴリが新設、3本のPSN向け新作タイトルも発表
SCEがブラジルの事業所にてPlayStation 3の生産を開始、同地域でのPSビジネス拡大へ
最高の環境でゲームをプレイ − ソニーストアの高級ホームシアターにてゲームを体験可能
2013年のE3プレスカンファレンスの各社日程が出揃い、日本時間では6月11日深夜から朝に実施へ
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. レオンのフィギュア付き!『バイオハザード RE:2』豪華コレクターズエディションが海外向けに発表

    レオンのフィギュア付き!『バイオハザード RE:2』豪華コレクターズエディションが海外向けに発表

  2. おデブな配達人シム『Fat[EX] Courier Simulator』発表! 困難を乗り越え荷物を届けろ

    おデブな配達人シム『Fat[EX] Courier Simulator』発表! 困難を乗り越え荷物を届けろ

  3. 『Spec Ops: The Line』開発元の新作FPS『The Cycle』発表! 20分でPvEvPの惑星探索

    『Spec Ops: The Line』開発元の新作FPS『The Cycle』発表! 20分でPvEvPの惑星探索

  4. 『ライフ イズ ストレンジ』コミックシリーズは2018年11月より海外ローンチ! ゲーム版エンディングの後を描く

  5. 光だけが頼りの終末ステルスサバイバル『The Light Keeps Us Safe』発表!

  6. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』YEAR2大型アップデート第2弾が配信―新PvE「ゴーストモード」登場

  7. スタイリッシュなローグライクFPS『Polygod』8月17日にXB1/スイッチで海外発売予定

  8. 『フォートナイト』のフィギュアなど公式グッズがFunkoより発売決定!

  9. サメを回避して最後まで生き残る深海バトルロイヤル『King Tide』発表!『Depth』開発元新作

  10. カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

アクセスランキングをもっと見る

page top