ゾンビサバイバルアクション『State of Decay』のXBLA版国内配信は無しに、日本語ローカライズも含まず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゾンビサバイバルアクション『State of Decay』のXBLA版国内配信は無しに、日本語ローカライズも含まず

家庭用ゲーム Xbox360

今年1月にも日本語ローカライズが予告されていた『State of Decay』。その際にはレーティングに対応する形でゾンビの斬首といったゴア表現を規制するつもりは無く、配信できる保証は無いことが伝えられていましたが、公式フォーラムにて同作の明確な配信地域やローカライズ情報が改めて発表され、国内での配信は行われず、また日本語ローカライズにも対応しないことが明らかとなりました。

情報が遅れましたが、これは今月初頭に公式フォーラムへの投稿を編集する形で明らかにされていたニュース(投稿は4月に行われたが、後に日本地域でリリースされないことが5月3日に追記されていた)。配信が決定した地域は北米とブラジル、さらにドイツを除く欧州地域。韓国と日本での配信は“No”とされており、オーストラリア、ドイツ、南アフリカでの配信は保留中であるとのこと。また対応言語は字幕にてフランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語と記されています。

フォーラムのポストでは、このリリース情報は4月25日時点で決定されたものであるとされており、変更の可能性があることも微かに示唆されているようですが、国内でのプレイを待ち望んでいたファンにとっては残念なニュースとなってしまいました。
(ソース: Undead Labs)

【関連記事】
オープンワールドのゾンビサバイバルアクション『State of Decay』XBLA版が今年6月にリリース決定
サバイバルゾンビアクション『State of Decay』およそ20分弱の直撮りプレイ映像が公開
PC/XBLA新作サバイバルゾンビアクション『State of Decay』には日本語も収録予定
ゾンビを切り裂きラジオで仲間を招集、オープンワールドアクション『State of Decay』の最新映像が公開
お手製の爆竹でゾンビの群れをおびき寄せる『State of Decay』の最新プレイ映像
《ishigenn》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『State of Decay 2』正式ローンチから2日でプレイヤー数100万人突破!各種プレイデータも公開

    『State of Decay 2』正式ローンチから2日でプレイヤー数100万人突破!各種プレイデータも公開

  2. PC版『Dead by Daylight』が週末無料プレイ開始!新ゲーム内通貨追加など次期アプデの詳細も公開

    PC版『Dead by Daylight』が週末無料プレイ開始!新ゲーム内通貨追加など次期アプデの詳細も公開

  3. 超インモラル墓守シム『Graveyard Keeper』アルファ版発売ー死体売買から魔女狩りまで、儲けるためなら何でもアリ

    超インモラル墓守シム『Graveyard Keeper』アルファ版発売ー死体売買から魔女狩りまで、儲けるためなら何でもアリ

  4. 『Dead by Daylight』新キラー/サバイバーの予告映像が公開!キーワードは「ギター」と「瓶」

  5. 『DEATH STRANDING』は世界のプレイヤーの協力が必要? マッツ・ミケルセンが言及

  6. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  7. 『ダークソウル リマスタード』をプレイするべき理由―今なお色褪せない魅力がそこにはある

  8. Xbox 360『バトルフィールド1943』がXbox One下位互換性機能に対応!

  9. 『バトルフィールドV』には2種類のゲーム内通貨が登場、コスメアイテムはプレミアム通貨で購入可能―海外報道

  10. ゲーム版『World War Z』久しぶりのゲーム映像―ゾンビの大群相手に為す術はあるのか

アクセスランキングをもっと見る

page top