Electronic Arts幹部がEAタイトルのオンラインパス廃止を表明、今後の新作タイトルでは搭載せず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Electronic Arts幹部がEAタイトルのオンラインパス廃止を表明、今後の新作タイトルでは搭載せず

ニュース 最新ニュース

オンラインプレイ時に中古で購入した場合には別途支払いが必要となるオンラインパス。『Battlefield 3』や『FIFA 13』など直近のタイトルにて積極的にオンラインパスを取り入れていたElectronic Artsの幹部が、この仕様を廃止し、今後のタイトルでは搭載しないことを明らかにしました。

これは海外サイトGamesBeatに対しEAの企業広報部門のシニアディレクターJohn Reseburg氏がEメールにて明らかにした情報。同氏は「そうです、我々はオンラインパスを廃止にしようとしています」と述べ、続けて「今後も含めEAの新規タイトルに(オンラインパスが)含まれることはありません」と明言しています。

この廃止の理由についてReseburg氏は、オンラインパスのサービスを始めた当初はオンラインコンテンツとサービスのメニューを全て含むようつとめていたものの、結果的にオンラインパスの仕様には「多くのプレイヤーが反応を示さなかった」と説明。ユーザーのフィードバックを受けパスの廃止を決定したと伝え、「我々はあなたがプレイを始める日に関係無く、ゲーム体験を向上させるコンテンツやサービスを作り出すことに情熱を注いでいきます」と語っています。
(ソース: GamersBeat)
【UPDATE】(2013/5/16): 本文を一部修正しました。
【関連記事】
BioWareスタッフがローンチ初日DLCや有料オンラインパス、リアルマネー取り引きについて解説
『Mass Effect 3』の最新マルチプレイヤーDLC“Rebellion Pack”が発表
『Ninja Gaiden III』オンラインコンテンツへのアクセスにはオンラインパスが必要に
『Batman: Arkham City』のキャットウーマンはVIP Passのみでプレイ可能
オンラインパスを採用『Mass Effect 3』マルチプレイのプレビューが配信
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

    『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  2. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  3. 映画2作の間を描く「ブレードランナー」VRゲーム『Blade Runner: Revelations』発表!

    映画2作の間を描く「ブレードランナー」VRゲーム『Blade Runner: Revelations』発表!

  4. 『オーバーウォッチ』新マップ「Blizzard World」1月23日入場開始―海外発表

  5. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  6. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  7. ヒラメキパズル新作『Scribblenauts Showdown』が海外発表!―今度はみんなでバトルだ

  8. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  9. SIE新副社長にジム・ライアン氏―SIEEプレジデントなどを兼任

  10. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

アクセスランキングをもっと見る

page top