完全新作『ファイナルファンタジータクティクスS』配信開始!ガチャを完全廃止し、ジョブキャラは300を超える | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

完全新作『ファイナルファンタジータクティクスS』配信開始!ガチャを完全廃止し、ジョブキャラは300を超える

ニュース 最新ニュース


スクウェア・エニックスは、iOS/Android向けアプリ『ファイナルファンタジータクティクスS』の配信を開始しました。

『ファイナルファンタジータクティクス』シリーズは、『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するジョブやモンスターなどが登場する、人気シミュレーションゲーム。これまでに様々なハードで発売され、最近ではスマートフォン向けに『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』が移植されました。

久々の完全新作となる本作では、従来のソーシャルゲームでは当たり前の「ガチャ」を採用せず、ユーザー自身がキャラクターを選んでデッキに加える「雇用」システムを採用。ユニット雇用はギル(ゲーム内通貨)またはコイン(課金)で行い、ユニットの種類は各エリアで毎日変化します。レアジョブのユニットが出現したときは、クエストでギルを稼いで手に入れましょう。

強力なユニットをデッキに組み込みたい時は、コインを支払うことでクラン協会が厳選したユニットを雇用できます。ユニットの装備は、クエストで獲得した素材とギルを使って強化可能です。

本作のユニットは、『ファイナルファンタジータクティクス アドバンス』、『ファイナルファンタジータクティクスA2 封穴のグリモア』に登場した300を超えるジョブキャラクターたちが再結集。さらに、「エアサムライ」「楽士」といった新ジョブキャラクターなど、今後続々追加予定です。



素材やギルが手に入るクエストは、クラン協会から受注でき、エリア毎に異なる敵が出現。敵の弱点を付くユニット派遣がクエスト成功のカギとなります。クエストをクリアーすることで、行動エリアは広がっていき、クランではユニットの中から1体をリーダーに設定。仲間申請でフレンドになったユーザーが設定しているリーダーは、クエストに派遣させることができます。

その他にも、決まった時間にユーザー間でデッキ対戦「クランバトル」を行う「クランリーグ」という対人コンテンツがあります。1日4回開催され、開催時間になると、同じ段位のクランと自動的にバトルが実施。デッキは3×3の9マスで構成され、最大9体のユニットを使用。ユニットの能力を考慮した配置・編成がバトルの肝となり、戦略要素の強い対人戦が楽しめます。

この様に本作では、シリーズ作品でもお馴染みのクウォータービューによるフィールドバトルが展開。ユニットの能力や配置が戦況を左右する奥深い戦闘が繰り広げられ、本作の醍醐味が詰まったシステムとなっています。

『ファイナルファンタジータクティクスS』は好評配信中で、アイテム基本無料の課金制です。



















(C)2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(ソース:プレスリリース)
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: Steamハロウィンセールが近日開催か―ブラックフライデーセールやウィンターセールの日程も浮上

    噂: Steamハロウィンセールが近日開催か―ブラックフライデーセールやウィンターセールの日程も浮上

  2. eスポーツ大会「GeForce CUP: PUBG」が10月28日、29日に開催―DTNも参加予定

    eスポーツ大会「GeForce CUP: PUBG」が10月28日、29日に開催―DTNも参加予定

  3. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

    『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  4. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

  5. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  6. 武器とLoveするダンジョン探索ハクスラ『Boyfriend Dungeon』発表!

  7. 『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

  8. Valveのゲイブ・ニューウェル氏が米長者番付でTop100入り―推定純資産は55億ドル

  9. アダルト向けアドベンチャー『House Party』がSteamから一時削除―相次ぐ「ポルノ」通報を受け

  10. Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

アクセスランキングをもっと見る

page top