『Saints Row 4』がオーストラリアにて発禁処分に。理由は性暴力の暗示や非道徳的要素、ドラッグの称賛 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Saints Row 4』がオーストラリアにて発禁処分に。理由は性暴力の暗示や非道徳的要素、ドラッグの称賛

ニュース 最新ニュース

かつては『Left 4 Dead 2』や『Aliens vs. Predator』、『F.E.A.R. 2』など多数のゲームタイトルを発禁処分にしてきたオーストラリア政府のビデオゲームレーティング審査基準。2010年には5.5万枚ものレポートが提出され今年1月ついにR18+区分が制定されたのですが、この制定後初となる発売禁止処分がVolitionのシリーズ最新作『Saints Row 4』に対し下されてしまったことが明らかとなりました。

オーストラリア等級審査委員会(ACB)の審査によれば、『Saints Row IV』には「明文化されていないもののセクシャルバイオレンスを暗示するようなインタラクティブなビジュアル描写」が存在するとされており、「加えるに、非道徳的であり禁止されたドラッグの動機や称賛に繋がる要素が含まれている。このような描写はコンピューターゲームのガイドラインにて禁止されている」と記されています。

これに対しDeep Silverは各海外サイトに対し公式声明を発表し、オーストラリアにて年齢分類審査を拒否された、いわゆる発禁処分が下されたことを改めて認めています。開発のVolitionは『Saints Row』ファンが愛しているとんでも無いゲームプレイを出来るかぎり失うことなく、オーストラリア地域に向けた修正を行なっているとしています。


全裸の大統領がエイリアンを迎え撃つ過激なトレイラーが公開された『Saints Row 4』。なお同作はPEGIにて18区分、またESRBではMレーティングにて審査を通っています。
(ソース: Joystiq)

【関連記事】
国内発売決定!スパイク・チュンソフト、PS3/360『Saints Row IV』のティーザーサイトを公開
E3 2013: およそ10分に渡る『Saints Row IV』のゲームプレイ映像が披露
週末セール情報ひとまとめ 『Saints Row: The Third』、『Strike Suit Infinity』、『Guild Wars 2』他
全裸の大統領が活躍するスペクタクルな『Saints Row 4』最新トレイラー
ダブステップガンのレプリカなどを同梱した『Saints Row IV』の豪華限定版が海外向けに発表
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

    チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  2. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

    ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  3. 『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

    『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

  4. 『レッド・デッド・リデンプション2』延期が国内向けに発表

  5. 『FARCRY5』日本向けティーザートレイラー公開!正式発表は5月29日に

  6. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  7. オープンワールドサバイバル『Rust』の作者が「早期アクセス」について語る

  8. 【GC 2016】スター・ウォーズの世界をVRで!『Star Wars Battlefront Rogue One: X-wing VR Mission』体験レポート&開発者インタビュー

  9. PS4/PS Vita『ザ・ロストチャイルド』発表! 『エルシャダイ』の系譜を継ぐ新作RPG─ルシフェルが語る新映像も公開

  10. 2K、2019会計年度に有名シリーズ新作発売か―『ボダラン』『BioShock』の声も

アクセスランキングをもっと見る

page top