米政府、『LoL』プレイヤーをスポーツ選手として認定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米政府、『LoL』プレイヤーをスポーツ選手として認定

世界各国で多くの大会が行われ、賞金稼ぎのプロも存在している人気のオンラインバトルゲーム『 League of Legends 』、通称「LoL」のプレイヤーがこの度、米政府によってスポーツ選手と認定された模様です。

PC Windows
世界各国で多くの大会が行われ、賞金稼ぎのプロも存在している人気のオンラインバトルゲーム『League of Legends』、通称「LoL」のプレイヤーがこの度、米政府によってスポーツ選手と認定された模様です。

『League of Legends』を主催するRiot GamesのeSports部マネージャー、Nick Allen氏は、ゲーム情報サイト「GameSpot」のビデオインタビューで「政府との紆余曲折の話し合いを経てようやくここまで来ました」と、これまでの経緯を述懐しています。

「米政府がLoLの大会参加プレイヤーをスポーツ選手と認め、海外のプレイヤーにスポーツ選手用ビザ(P-1ビザ)を発給できるようになったということは、実に画期的な出来事です。しかしこのゲームが正真正銘のスポーツであるということを政府に認めさせるのには、長い時間がかかりました」と、Allen氏はこれまでの苦労を振り返っています。

多くの国でスポーツとして扱われているゲームにチェスが挙げられますが、今回初めて電子的なゲームが、今のところアメリカのみではあるものの、スポーツと認められたのは確かにビデオゲーム史上、大きな出来事でしょう。

ちなみに1万人の参加者が見込まれている同ゲームの大規模な大会、「The League of Legends Season 3 チャンピオンシップ・ファイナル」は、来る10月4日、カリフォルニア州ロサンゼルスのステープルズセンター(Staples Center)で開催されます。ここでいったいどんな闘いが繰り広げられるのか、今からLoLファンの熱い注目が注がれています。

【関連記事】PAX East: 大混雑で人気を証明する『League of Legends』ブースレポート
『League of Legends』の同時接続人数が500万を突破、5ヶ月で200万人増
『League of Legends』のRiot Gamesがシドニーに新スタジオをオープン
【UPDATE】 噂: 大人気MOBAタイトル『League of Legends』がSteamに登場?データベースに登録
『League of Legends』がDDoS攻撃の被害、犯人は一握りのプレイヤー
《インサイド》

PC アクセスランキング

  1. 高評価『FFT』風SRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』拡張DLC「Missions and Monsters」を現地6月23日に配信

    高評価『FFT』風SRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』拡張DLC「Missions and Monsters」を現地6月23日に配信

  2. 『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』Steamページが公開、6月22日より配信開始!

    『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』Steamページが公開、6月22日より配信開始!

  3. 『バトルフィールド V』最終大型アップデート「Summer Update」パッチノート公開―新マップや武器など多数の追加や修正

    『バトルフィールド V』最終大型アップデート「Summer Update」パッチノート公開―新マップや武器など多数の追加や修正

  4. 名作RTSリマスター『Command & Conquer Remastered Collection』がSteam/Originにて配信開始!

  5. ワクワク必至の『Desperados III』ミニチュアトレイラー公開―苦労が垣間見える舞台裏映像も

  6. 基地建設サバイバルアクションRPG『The Riftbreaker』デモ版をSteamゲームフェスティバルにて配信予定

  7. 海賊ADV『Sea of Thieves』Steam版が配信開始―XB1/Win10版とのクロスプレイにも対応

  8. DRMフリーのPC版『シェンムーIII』がGOG.comにて配信決定

  9. 人気小説原作の探索型ACT『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』早期アクセスが開始

  10. シューター初心者に捧ぐ!「エイム力を磨けるPC用FPS&練習ソフト」4本を徹底比較

アクセスランキングをもっと見る

page top