Eidos Montrealの元ヘッドであり創設者Stephane D'Astous氏が退社を表明、スクエニと方針の不一致で | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Eidos Montrealの元ヘッドであり創設者Stephane D'Astous氏が退社を表明、スクエニと方針の不一致で

先月、Eidos Montrealの新ヘッドに『Deus EX: Human Revolution』や『Thief』の開発を担当しているDavid Anfossi氏が抜擢されたことをお伝えしましたが、以前までヘッドを務めていた創設者Stephane D'Astous氏が同スタジオから退社することを海外サイトDevelopやPolygon

ニュース 最新ニュース

先月、Eidos Montrealの新ヘッドに『Deus EX: Human Revolution』や『Thief』の開発を担当しているDavid Anfossi氏が抜擢されたことをお伝えしましたが、以前までヘッドを務めていた創設者Stephane D'Astous氏が同スタジオから退社することを海外サイトDevelopやPolygonなどに対し明らかにしました。

スタジオ設立から6年と7ヶ月Eidos Montrealに在籍したD'Astous氏は、声明の中にて昨年度の欧州スクウェア・エニックスにおける業績不振を回復する意見がスクエニ側と相違したと説明。また「リーダーシップ、度胸、コミュニケーションが欠けていたのは明らか、私は正しく仕事をこなすことが出来なかった」と自身の境遇について語ったほか、両者の業績回復へ向けたそれぞれの方針は相容れないものであり、残念ながら袂を分かつことが最善の方法だったと続けています。

今年3月に行われたスクエニの業績予想修正説明会では『Sleeping Dogs』、『Tomb Raider』、『Hitman: Absolution』といった海外タイトルの販売不振とそれに伴う方針の見直しが挙げられ、実際に先月よりCrystal DynamicsやIO Interactiveといったスタジオでは人事異動やコンテンツ再編が行われています。
(ソース: IGN , Polygon)

【関連記事】
『Deus EX』や『Thief』のEidos Montrealが2つの未発表タイトルに着手、新ヘッドDavid Anfossi氏が報告
『Hitman: Absolution』を手がけたIO Interactiveでレイオフが実施、今後は『Hitman』シリーズ1本に集約へ
新生『Tomb Raider』を手掛けたCrystal Dynamicsが近日中にも新作を発表か、開発者の履歴より記載が発見
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. WHO「ゲーム障害」含む国際疾病分類第11版を正式合意―業界団体は再検討求める

    WHO「ゲーム障害」含む国際疾病分類第11版を正式合意―業界団体は再検討求める

  2. 蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

    蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  5. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  6. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  7. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  8. 実写映画版『ソニック』全身姿デザインがブランディング会社のサイトに一時掲載

  9. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

1
page top