ゴーリー風サイコホラーADV『Neverending Nightmares』がKickstarterに登場、体験版も配信中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゴーリー風サイコホラーADV『Neverending Nightmares』がKickstarterに登場、体験版も配信中

7月末に正式発表された『Neverending Nightmares』が、Kickstarterにて9万9千ドルの獲得を目指すクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

ニュース 最新ニュース


7月末に正式発表された『Neverending Nightmares』が、Kickstarterにて9万9千ドルの獲得を目指すクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。同作は強迫性障害やうつ病を患っている開発者Matt Gilgenbach氏が、実際に見た“終わりの無い悪夢”をテーマとしたサイコホラーアドベンチャーとなっています。

プレイヤーはゲーム中に登場する男性キャラクターを操作し、終わりの無い悪夢からの脱却を目指すことになります。ゲームは悪夢の中の探索にフォーカスしており、なんらかの脅威と遭遇した際には、ホラーADVの金字塔『Amnesia: The Dark Descent』のごとく倒すことの出来ない敵から逃げ隠れするようなステルスプレイが中心となるようです。

なおグラフィックを見てピンときた方も多いかもしれませんが、同作のビジュアルは大人の絵本作家ことエドワード・ゴーリーよりインスパイア。2Dのアートスタイルに3Dグラフィックの技術を利用しており、ざわついた影の描写など単なる手書き風に終わらない独自の映像表現が作り上げられています。



サイコホラーADV『Neverending Nighmares』は2014年Q1にもWindos向けにBacker向けのアルファ版がリリース予定。体験版も現在配信が開始されているので、猛暑でも凍えてしまうサイコホラーADVをぜひその目でチェックしてみてください。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

    『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  2. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

    『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  3. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  4. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  5. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  6. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  7. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  8. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  9. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  10. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

アクセスランキングをもっと見る

1
page top