原作クラッシャーのウーヴェ・ボル監督が実写映画版『POSTAL』の続編制作をキックスタート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

原作クラッシャーのウーヴェ・ボル監督が実写映画版『POSTAL』の続編制作をキックスタート

数々のゲーム実写化を手がけ、その度に原作のファンから大ブーイングを喰らう原作クラッシャーの監督ウーヴェ・ボル氏ですが、彼が2007年に手がけた実写映画版『POSTAL』の続編となる『POSTAL 2』の制作資金をKickstarterにて募集しています。

ニュース 最新ニュース

『ハウス・オブ・ザ・デッド』や『Alone in the Dark』、『BloodRayne』など数々のゲーム実写化を手がけ、その度に原作のファンから大ブーイングを喰らう原作クラッシャーの監督ウーヴェ・ボル氏ですが、彼が手がけた原作映画の中でも高い評価(IMDbで4.3/10、Metacriticで22/100)を受けた実写映画版『POSTAL』(2007年公開)の続編となる『POSTAL 2』の制作資金をKickstarterにて募集しています。

実写映画版『POSTAL 2』は現在の政治問題を風刺したコメディーになるとの事で、ジュリアン・アサンジ氏とエドワード・スノーデン氏に関連する出来事のような、民主主義の最大のスキャンダルを取り上げ、ロシアあるいは中国の捕虜収容所と民主主義との間に差がない事を示すとボル氏は語っています。

目標金額は500,000ドル。集まった資金は全て“スターが吸うコカインにつぎ込まれる”と危険なジョークも飛び出していますが、果たして実写映画版『POSTAL 2』のKickstarterは無事成功するのでしょうか。


色々と問題ありな前作のトレイラー
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】

    Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 「2020 SXSW Gaming Awards」ノミネート作品発表!『デススト』『CONTROL』が7部門で選出

    「2020 SXSW Gaming Awards」ノミネート作品発表!『デススト』『CONTROL』が7部門で選出

  4. 視聴者がスコアや使用キャラなどの情報をわかりやすく閲覧できるTwitch配信者向け『LOL』拡張機能が公開

  5. 『Dreams Universe』で『Fallout 4』を再現!9か月の製作期間を経て

  6. Paradox Interactive、2019年度決算を発表―2020年は『Crusader Kings III』『Empire of Sin』などのタイトルがリリースされる重要な年になるとCEOのコメントも

  7. スイッチ/PS4両使用者が対象の満足度リサーチが実施―105名が10点満点形式で両ハードを評価

  8. 『EVE Online』スピンオフシューター『Project Nova』の開発が正式にキャンセル―新たなSFマルチプレイシューターを開発中

  9. 「スイッチ あつまれ どうぶつの森セット」新たな予約開始日が3月7日に決定!「キャリングケース」も同日より予約スタート

  10. Naughty Dogが豪山火事支援のため『The Last of Us』特別番組を配信―ゲストにエリー役のアシュレー・ジョンソン

アクセスランキングをもっと見る

page top