Xbox Oneはクラウドを利用すればストリーミングサービスで後方互換性の搭載も可能に、現在検証中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox Oneはクラウドを利用すればストリーミングサービスで後方互換性の搭載も可能に、現在検証中

クラウド機能を利用すればPlayStation 4のGaikaiを利用したようなストリーミングサービスが行えることを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
現在までの発表ではXbox 360との後方互換性は搭載されないことが明らかとなっているXbox Oneですが、MicrosoftのエクゼクティブAlbert Penello氏が受けた海外メディアGameSpotのインタビューより、クラウド機能を利用すればPlayStation 4のGaikaiを利用したようなストリーミングサービスが行えることを明らかにしました。

GameSpotの記者よりPS4のGaikaiと対比してXbox Oneクラウドパワーが未来で何かを変えるだろうかと問われたPenello氏は、「ああ、もちろんだ」と返答。クラウドで何が出来るかを一言で表すのは難しいものの、ユーザーであればXbox Oneからクラウドに繋げること、開発者にはクラウドが存在することを伝えたいとコメント。紛い物を作っているつもりは全く無いとアピールしました。

またPenello氏はAzureクラウドサーバーを利用すれば多くのことが行えるようになると続け、音声処理システムなどが可能になると実例を示し、さらにGaikaiのようにフルゲームをレンダリングしXbox Oneに映像を届ける、いわゆるストリーミングでの後方互換性も実現できるとしています。ただし一方で「お届けするにはどれくらいのコストがかかるのか、どれほど良い体験となるのか、我々は時間をかけて検証しなければならない」とのことで、現在は決定事項では無く検証段階に留まっているようです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 49 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

    『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  2. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  3. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

    『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  4. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  5. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  6. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  7. プラチナゲームズ橋本祐介氏が退社―『ベヨネッタ』プロデューサーなど【UPDATE】

  8. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  9. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

  10. 元プロレスラーのブッカー・TがActivisionを著作権侵害で訴える―『CoD:BO4』でのキャラクター盗用を主張

アクセスランキングをもっと見る

page top