これが現代に蘇ったニンジャFPSだ!予約も開始された『Shadow Warrior』の魅力的な要素を紹介する最新PVが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

これが現代に蘇ったニンジャFPSだ!予約も開始された『Shadow Warrior』の魅力的な要素を紹介する最新PVが公開

3D Realmsが1997年に手掛けたカルトニンジャFPSのリメイク作として日本時間9月27日よりリリース予定の『Shadow Warrior』。先日より予約も開始された同作のお馬鹿かつ魅力的な要素をまとめた最新のトレイラーが公開されました。

ニュース 最新ニュース
3D Realmsが1997年に手掛けたカルトニンジャFPSのリメイク作として日本時間9月27日よりリリース予定の『Shadow Warrior』。先日より予約も開始された同作のお馬鹿かつ魅力的な要素をまとめた最新のトレイラーが公開されました。

『Hard Reset』の開発スタジオFlying Wild Hogがリメイクする新生『Shadow Warrior』は、大企業Zilla Enterprisesのコーポレート・ショウグンことニンジャのLo Wangが伝説の宝刀カゲ・ノブツラを探しだすというFPSタイトル。今回のPVでは同作の代表的な武器であるカタナによるアクションからオールドスクールな撃ちまくりシューターとして趣向、さらに原作から引き継がれたお馬鹿な要素の数々を紹介する内容となっています。



  • 残忍なカタナコンバット
  • 爆発的なガンプレイ
  • 過度な花火演出
  • 完全に破壊可能な自転車
  • カタナのメンテナンスが可能に
  • シャレオツなプロダクトプレイスメント
  • イケてるノスタルジア
  • 改良型の魚物理演算
  • 次世代レベルの木の揺れ
  • 唐突な交尾
  • 恥知らずなクロスプロモーション
  • レーザーガイドトローリング(釣り)

なお『Shadow Warrior』は現在SteamGoG.comおよび公式サイトにて予約販売が開始されており、それぞれ低下の39.99ドルから6ドル安く購入することが可能です。またデジタルアートブックやサウンドトラック、ゲーム内武器を収録した49.99ドルのスペシャルエディションが登場しているほか、Steamでは予約特典としてZilla Enterprises社の武器Z45 Katanaも発表されているので、気になる方はチェックしておきましょう。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

  2. 『Diablo III』のクロスプレイ実装は現時点で計画無し―海外メディアに対しBlizzardが声明

    『Diablo III』のクロスプレイ実装は現時点で計画無し―海外メディアに対しBlizzardが声明

  3. 爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

    爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

  4. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  5. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  6. Blizzardが『Diablo III』のクロスプレイ実現に取り組んでいることが判明―海外メディア報道

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』の必要ストレージ容量は100GB以上か―オンラインのプレイヤー数は最大32人に

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『絶体絶命都市4Plus』発売が11月22日に変更―さらなるクオリティ向上のため

  10. 『フォートナイト』特別パッケージ版『Fortnite: Deep Freeze Bundle』が海外発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top