7月に発表されたActivision Blizzardの独立計画が一時中断、裁判所からの中止命令により | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

7月に発表されたActivision Blizzardの独立計画が一時中断、裁判所からの中止命令により

ニュース 最新ニュース

7月に発表されたActivision Blizzardの独立計画が一時中断、裁判所からの中止命令により
  • 7月に発表されたActivision Blizzardの独立計画が一時中断、裁判所からの中止命令により
今年7月、総額81億7千万ドルの株式移譲により親会社のフランス企業Vivendi Universalから分離独立する契約を結んだことが発表されたActivision Blizzardですが、本日同社がこの独立計画を一時的に中断したことを発表しました。

これはデラウェア衡平法裁判所がActivision BlizzardとVivendiに今回の契約の締結に対し中止命令を今回出したもので、裁判所から出された命令が変更されるか、非Vivendi株主による投票で契約が認証されない限りは独立計画は前進できないことが明らかにされています。

7月に独立計画が発表された後、今年8月には2人の株主が今回の契約締結に異議を唱え両社を訴訟。今回の独立契約では、VivendiからActivisionへと58億3千万ドルで4億2,900万株、またActivisionのCEOであるBobby Kotick氏と共同会長のBrian Kelly氏を筆頭とした投資グループASAC IIへも23億4千万ドルで1億7,200万株が移行します。後者に関して株主の1人Todd Miller氏は、66億4千万ドル分の株式を不当に安い価格で移行したとして、「受託者義務の不履行、会社資産の浪費と不当な富裕化」を訴えっていました。

Activision Blizzarは今回の件に関しプレスリリースにて契約を結ぶ手立てはまだ残っているとコメント。どの選択肢を取るべきか今後調査すると独立計画を依然として進めていく意向を明らかにしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  2. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

    新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

  3. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

    スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 変化していく世界を描くミステリアスADV『Mosaic』2019年夏リリース―スイッチ版も発表

  6. 『レインボーシックス シージ』防衛初の盾持ち新オペレーター「Clash」の経歴が判明―TwitchとMiraが関係

  7. まだ削除しないで!『CoD:BO4』ベータ版クライアントが9月に「Blackout」対応のためアップデート

  8. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  9. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  10. 『コナン アウトキャスト』に存在する6つの神、あなたはどれを信仰する?日本専用サーバー設置も決定

アクセスランキングをもっと見る

page top