『Grand Theft Auto Online』の有料キャッシュパックが正式発表、10万ドルがおよそ300円から購入可能か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Grand Theft Auto Online』の有料キャッシュパックが正式発表、10万ドルがおよそ300円から購入可能か

本日Rockstar Gamesが公式ブログを更新し、同作にて有料のキャッシュパックが存在することを正式に発表しました。

ニュース 最新ニュース

先日、『Grand Theft Auto V』のオンラインマルチプレイヤーモード『GTA Online』にてマイクロトランザクションモデルが採用されるのではという噂をお伝えしましたが、本日Rockstar Gamesが公式ブログを更新し、同作にて有料のキャッシュパックが存在することを正式に発表しました。

「評判とキャッシュフロー」の項目にてRockstarは、「装甲車を叩きのめす、ストリートレースで勝利する、強盗するなど利益を生むアクティビティを通してすぐに纏まった金を得ることが可能だが、もし即座に満足したいタイプなら“GTAドル”を購入することも出来る」とコメント。有料キャッシュバックを利用せずともゲーム内の様々な要素にはアクセス出来るものの、より早く利用したいユーザーはインゲームストアにてGTAドルを購入することもできると説明しています。

なおシングルプレイヤーおよびマルチプレイヤーの資金は以前から伝えられているように持ち越しは不可能。Rockstarは『GTA Online』では殆どのプレイヤーがキャッシュをストーリーモードよりも容易に稼ぐことが出来ると付け加えています。

■10万ドルがおよそ300円から購入可能に?

現時点でキャッシュパックの価格はRockstarから明らかにされていませんが、海外メディアEurogamerにて『GTA Online』を解析しているユーザーからタレコミがあり、真偽は不明ながら以下のような価格帯(1ポンド=150円で換算)で提供されるとの情報も伝えられています。

  • 各キャッシュバックの価格
  • 10万ドルのRed Shark Cash Card: 1.99ポンド(約300円)
  • 20万ドルのTiger Shark Cash Card: 3.49ポンド(約525円)
  • 50万ドルのBull Shark Cash Card: 6.99ポンド(約1,000円)
  • 125万ドルのGreat White Shark Cash Card: 13.49ポンド(約2,025円)

シングルプレイヤーモードでは100万ドルの車が登場する『GTA V』ですが、情報提供者によれば同『GTA Online』モードではそれほどの高値はつかず、車はおよそ1台15万ドルで購入可能に。またマンションなどの物件は最も高い価格で40万ドルになるとも伝えられています。ユーザーがオンライン上で所有できる物件は1つのみとなっており、売却する際には払い戻し金がいくらか得られるとのこと。

しかしこれらのコンテンツが安価に提供されている一方で、武器や車の改造パーツといった一般的なアイテムはより高価になっていると情報提供者はコメント。これらアイテムはキャラクターのランクアップにてアンロックされる形式が用いられると見られており、つまりプレイヤーはリアルマネーを支払えば低ランクの状態で高ランクの武器やパーツを即座に利用することが出来るようだ、と海外メディアEurogamerは伝えています。

『Grand Theft Auto Online』は海外にて現地時間の10月1日よりローンチ予定。国内では10月10日より日本語版『GTA V』が発売予定となっています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

    『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  2. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  3. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

    『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  4. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  5. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  6. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  7. プラチナゲームズ橋本祐介氏が退社―『ベヨネッタ』プロデューサーなど【UPDATE】

  8. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  9. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

  10. 元プロレスラーのブッカー・TがActivisionを著作権侵害で訴える―『CoD:BO4』でのキャラクター盗用を主張

アクセスランキングをもっと見る

page top