『Bully』の続編制作について意欲 ― Rockstar GamesのDan Houser氏が海外サイトに対し言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Bully』の続編制作について意欲 ― Rockstar GamesのDan Houser氏が海外サイトに対し言及

海外では多くの賞賛と物議を醸した名作『Bully』ですが、Rockstar Games創設者のひとりであり、クリエイティビティ副社長のDan Houser氏が海外サイトPolygonのインタビューの中で、『Bully』の続編について触れています。

家庭用ゲーム Xbox360
海外では多くの賞賛と物議を醸した名作『Bully』ですが、Rockstar Games創設者のひとりであり、クリエイティビティ副社長のDan Houser氏が海外サイトPolygonのインタビューの中で、『Bully』の続編について触れています。

『Bully』は2006年にPS2/Xbox 360/PC向けにリリースされたオープンワールド型アクションゲーム。同社の『Grand Theft Auto』シリーズとは異なる点が多々ありますが、大きな違いとしては主人公が学生であること。舞台となる学内を含めた、街全体のカースト制度の中で頂点へと登り詰めるストーリーが展開されています。登場人物が学生などの子供中心のストーリーであることもあり、人が死ぬなどの様な描写は無く、日本国内でリリースされた際もレーティングはCERO D。過激な描写がないことにより、Rockstar Gamesの得意とするオープンワールド型アクションへのこだわりが顕著に表れているといった意見もあり、今なお続編を期待する声が多い作品です。

インタビューの中でDan Houser氏は「願わくば私自身作ってみたいが、実際のところ分からない」と発言しており、併せて発売した際の苦難についても語られています。「多くの人から様々なレスポンスをもらったよ」とし、発売当時には、モデルが学生であることで今までのGTAシリーズとは少し異なる方面からの非難もあったことを語っています。

しかしながら氏がインタビューでも答えている通り、ジミー・ホプキンズ(主人公)はいじめを助長するような姿勢はなく、弱者の味方になりながら友人を作り、決して神のような存在になろうとしたわけではありませんでした。

また続編の方向性についてファンから「ジミー・ホプキンズが大人になり『GTA』作品としてリリースしては?」との提案があったとのことですが、氏曰く「彼は、囲まれた環境がタフだったのもあり確かに悪ガキではあるが、真面目な人物として定着しているため、“カージャック”などをする様なキャラクターにはならない。不愉快な部分はあったが、『GTA IV』の「ニコ」にも通じる、“心”を持ったキャラクターだった。また、決して学校を潰そうとしたわけではなく、正義のために立ち上がったキャラクターでもあった」とのこと。

続編についての具体的な明言はないながら、発売から7年ほど経っても今なお愛されている本作。Dan Houser氏個人からも本作への“愛”が伝わってくるため、制作者サイドの続編への意欲が残っていることもあり、様々な障害をはねのけて我々ファンの期待に応えてくれることを願うばかりです。
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『レッド・デッド・リデンプション2』初日アップデートやストリーミング解禁時間などの情報が公開

    『レッド・デッド・リデンプション2』初日アップデートやストリーミング解禁時間などの情報が公開

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』冒険に役立つ知識を詰め込んだガイドブック付きソフトが11月9日に発売決定!単品での販売も

    『ゼルダの伝説 BotW』冒険に役立つ知識を詰め込んだガイドブック付きソフトが11月9日に発売決定!単品での販売も

  3. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  4. 『CoD:BO4』ソフトウェアバージョン1.03配信開始!各種修正にリーダーボード実装も

  5. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』オッカムル島での採掘に関する情報が公開―あらくれを導いて鉱石をガッポリ入手!

  6. ベータ開始目前の『Fallout 76』海外向けにコメントが告知―幾つもの「問題」発生に備える文言も

  7. 11月開催の海外イベント「XO18」にて『Crackdown 3』がプレイアブル出展へ―正式発表から約4年

  8. 激似の嵐!『ソウルキャリバーVI』仰天カスタムキャラたち―ガスコイン神父からサノスまで

  9. 異世界ソ連FPS『Atomic Heart』ポリマー水流に飲み込まれる女性を描いたティーザー映像公開

  10. 『Fallout 76』には「エンクレイヴ」勢力が登場―その他の組織も続々紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top