スクエニ、ゲーマーがゲームのアイディアを審判する「Square Enix Collective」を正式発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクエニ、ゲーマーがゲームのアイディアを審判する「Square Enix Collective」を正式発表

ニュース 最新ニュース

スクエニ、ゲーマーがゲームのアイディアを審判する「Square Enix Collective」を正式発表
  • スクエニ、ゲーマーがゲームのアイディアを審判する「Square Enix Collective」を正式発表
本日スクウェア・エニックスは、クラウドファンディングサイトindiegogoとパートナーシップを結び、新たなプラットフォーム「Square Enix Collective」を海外向けに正式発表しました。オープンされた公式サイトによれば、「Square Enix Collective」は「クリエイターがアイディアを投稿し、ゲーマー達がそのアイディアが実現すべきか否かを審判することが出来るプラットフォーム」であるとされています。

具体的に見ていくと、Collective上では開発者たちがまずゲームのアイディアを公開し、コミュニティからフィードバックを得ることになります。そして公開されてから28日後には、コミュニティがそのアイディアを実現させるべきか否かを審判。コミュニティに認められたアイディアの開発者は、スクエニからマーケティグや開発の面でサポートを受けられるようになり、またIndiegogoを通してダイレクトにクラウドファンディングを実施することも可能に。また失敗した場合も、その理由や今後必要とすべきことについてスクエニ側から意見を受けることが出来るとされています。

なおアイディアの公開にはいくつかの前提や同意条件が必要となるものの、提出自体は無料で行えるとのこと。いわゆる「マネーの虎」方式であったクラウドファンディングからPledge(成功した場合にある一定の資金を与えると宣言すること)など資金面の動きを抜いたゲーム開発者とゲーマーの交流プラットフォームとなっており、純粋にゲームのアイディアを精練させる場を目指しているとみられるところです。

なおCollectiveのサイトでは、開発者はEidosの既存IPについて共に開発するチャンスがあるとも発言されており、開発者の選定や対象のIPについては、LAコンベンションセンターで11月5日から7日まで開催されるGDC Nextにて公表するとしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 小島監督が『DEATH STRANDING』と思われる新スクリーンショットを投稿―これが意味するのは…?

    小島監督が『DEATH STRANDING』と思われる新スクリーンショットを投稿―これが意味するのは…?

  2. 『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘

    『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘

  3. シー…静かに…『バトルフィールドV』ゲーム映像がチラリと映るティーザー公開

    シー…静かに…『バトルフィールドV』ゲーム映像がチラリと映るティーザー公開

  4. 【PSX】オープンワールド・サバイバルホラー『The Forest』がPS4向けに発表

  5. 噂:『フォートナイト バトルロイヤル』S4W5からジェットパック配信か…内部データが期間限定モードを示唆

  6. 集団自殺を遂げた終末カルトの痕跡を探る『Sagebrush』発表―ローファイ3Dアドベンチャー

  7. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『GTA V』出荷が9,500万本に到達―Take-Twoの2018会計年度、純収入は約1980億円

  10. 『バトルフィールド 1』Fort de Vauxマップ「謎のドア」が遂に開く―果たして何がいるのか…?

アクセスランキングをもっと見る

page top