ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除

今年8月にKickstarterでの資金調達に成功し、Steam Greenlightでも通過作品として選出されていたオープンワールドゾンビサバイバル『7 Days to Die』が、デジタルミレニアム著作権法に違反するとしてSteam Greenlightから削除された事が明らかとなりました。

ニュース 最新ニュース

今年8月にKickstarterでの資金調達に成功し、Steam Greenlightでも通過作品として選出されていたThe Fun Pimps Entertainment開発のオープンワールドゾンビサバイバル『7 Days to Die』が、Tripwire Interactiveの人気サバイバルCo-op FPS『Killing Floor』のアセットを無断で使用し、デジタルミレニアム著作権法に違反するとしてSteam Greenlightから削除された事が明らかとなりました。

Tripwire Interactiveの代表として本件の詳細を伝えたゲーム専門の弁護士Tom Buscaglia氏によれば、昨年とある人物が『Killing Floor』に登場する感染者Clotのモデルを抜き出しUnityアセットストアにて無断で販売。それをThe Fun Pimps Entertainmentが購入し『7 Days to Die』で使用してしまったとの事です。


左: 『7 Days to Die』に登場するゾンビ  右: 『Killing Floor』のClot

Unityはすぐさま同アセットの販売を停止し、販売者を追放。すべての購入者にアセットが盗まれたものであると通知しました。更にTripwire Interactiveは『7 Days to Die』のトレイラーが公開された際にThe Fun Pimps Entertainmentと連絡を取り、そのアセットが使用できない旨を説明。

The Fun Pimps Entertainmentはアセットがプレースホルダーであり置き換えられるだろうとTripwire Interactiveに伝えましたが、現在まで置き換えられる事はなかったそうです(一部支援者にはアルファ版もリリースされている)。


該当アセットは14秒あたりに登場

その後、The Fun Pimps Entertainmentとの連絡が取れなくなり、Tripwire Interactiveは弁護士Tom Buscaglia氏に問題の解決を依頼。『7 Days to Die』のフォーラムにてこれまでの経緯を公表し、Steam Greenlightからの削除に至ったとの事です。

なお、The Fun Pimps Entertainmentは既に謝罪し、該当アセットを削除した新しいビルドの開発に取り組んでいるそうです。Tripwire Interactiveによって新しいビルドに『Killing Floor』のアセットが含まれていない事が確認されれば再びSteam Greenlightに復活するのではないでしょうか。

Tom Buscaglia氏は今回の件について、「The Fun Pimps Entertainmentの人達はルーキーではないのだから、よく考えて行動すべきだ」と語っています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『GTA』『RDR』のRockstarが次世代機向けオープンワールドゲームの開発者を募集中

    『GTA』『RDR』のRockstarが次世代機向けオープンワールドゲームの開発者を募集中

  2. VRリズムゲーム『Beat Saber』アーケード版が日本初登場!那須ハイランドパークでライトセイバーを振るおう

    VRリズムゲーム『Beat Saber』アーケード版が日本初登場!那須ハイランドパークでライトセイバーを振るおう

  3. Naughty Dogがオンラインシステムの開発者などを募集中―『The Last of Us Part II』開発者もTwitterで呼びかけ

    Naughty Dogがオンラインシステムの開発者などを募集中―『The Last of Us Part II』開発者もTwitterで呼びかけ

  4. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション シフティングタイド」のパッチノートが公開!

  5. 『DEATH STRANDING』コレクターズエディション開封の儀!BBポッドの圧倒的存在感、小旅行にも使えるBRIDGESケースなどが同梱

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 巨大な鳥に乗って戦う空中戦闘アクションRPG『The Falconeer』Xbox One版の発売決定!

  8. 小島監督、ギネス世界記録認定!「Twitterのフォロワー数が最も多いゲームディレクター」含む2つ

  9. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

  10. 【e-Sportsの裏側】「学生なら学校に行き、社会人なら会社に行け」日本のゲームシーンはまだまだこれからだ。プロゲーマーJustin wongインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top