ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除

ニュース 最新ニュース


今年8月にKickstarterでの資金調達に成功し、Steam Greenlightでも通過作品として選出されていたThe Fun Pimps Entertainment開発のオープンワールドゾンビサバイバル『7 Days to Die』が、Tripwire Interactiveの人気サバイバルCo-op FPS『Killing Floor』のアセットを無断で使用し、デジタルミレニアム著作権法に違反するとしてSteam Greenlightから削除された事が明らかとなりました。

Tripwire Interactiveの代表として本件の詳細を伝えたゲーム専門の弁護士Tom Buscaglia氏によれば、昨年とある人物が『Killing Floor』に登場する感染者Clotのモデルを抜き出しUnityアセットストアにて無断で販売。それをThe Fun Pimps Entertainmentが購入し『7 Days to Die』で使用してしまったとの事です。


左: 『7 Days to Die』に登場するゾンビ  右: 『Killing Floor』のClot

Unityはすぐさま同アセットの販売を停止し、販売者を追放。すべての購入者にアセットが盗まれたものであると通知しました。更にTripwire Interactiveは『7 Days to Die』のトレイラーが公開された際にThe Fun Pimps Entertainmentと連絡を取り、そのアセットが使用できない旨を説明。

The Fun Pimps Entertainmentはアセットがプレースホルダーであり置き換えられるだろうとTripwire Interactiveに伝えましたが、現在まで置き換えられる事はなかったそうです(一部支援者にはアルファ版もリリースされている)。


該当アセットは14秒あたりに登場

その後、The Fun Pimps Entertainmentとの連絡が取れなくなり、Tripwire Interactiveは弁護士Tom Buscaglia氏に問題の解決を依頼。『7 Days to Die』のフォーラムにてこれまでの経緯を公表し、Steam Greenlightからの削除に至ったとの事です。

なお、The Fun Pimps Entertainmentは既に謝罪し、該当アセットを削除した新しいビルドの開発に取り組んでいるそうです。Tripwire Interactiveによって新しいビルドに『Killing Floor』のアセットが含まれていない事が確認されれば再びSteam Greenlightに復活するのではないでしょうか。

Tom Buscaglia氏は今回の件について、「The Fun Pimps Entertainmentの人達はルーキーではないのだから、よく考えて行動すべきだ」と語っています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

    米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  2. Naughty Dog、未発表の次回作は三人称視点ではない可能性―『ラスアス』開発秘話も

    Naughty Dog、未発表の次回作は三人称視点ではない可能性―『ラスアス』開発秘話も

  3. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

    硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

  4. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  5. 「初代ハーフライフのラスボスは自分」…ゲイブの息子グレイ・ニューウェルの海外インタビュー映像

  6. オンラインカードゲーム『アトム:時空の果て』3月29日に全サービス終了へ

  7. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  8. 噂:『GTA V』「プレミアムエディション」の存在が浮上ーストアページ発見されるも現在は削除

  9. 人気F2Pハクスラ『Path of Exile』プレイヤー数が1,300万人突破! 3月に新コンテンツ

  10. 『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告

アクセスランキングをもっと見る

page top