Bethesda Softwarksが欧州にて『Fallout 4』の商標を先週にも申請、ついに新作登場か? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bethesda Softwarksが欧州にて『Fallout 4』の商標を先週にも申請、ついに新作登場か?

先週からZenimax Mediaが噛んでいるらしきティーザーサイトや「Void Engine Powerd by Id Tech」など『Fallout』新作を予感させるような動きが多数見られたBethesda Softwarksですが、新たに同社が『Fallout 4』の商標を欧州にて申請していたことが明らかになりました。

ニュース 最新ニュース
先週からZenimax Mediaが噛んでいるらしきティーザーサイトや「Void Engine Powerd by Id Tech」など『Fallout』新作を予感させるような動きが多数見られたBethesda Softwarksですが、新たに同社が『Fallout 4』の商標を欧州にて申請していたことが明らかになりました。

これは欧州の商標登録機関である欧州共同体商標意匠庁(OHIM)より発見されたもので、2013年11月14日付けで「Computer Software」や各種グッズなどを対象に申請されており、またオーナーの欄にはBethesda Softwareの名も確認出来ます。

前述した通り、先週より『Fallout』新作へ向けているような行動を見せているZenimax MediaおよびBethesdaですが、両者とも正式なアナウンスはいまだ行っていません。またナンバリングタイトルの名を先んじて商標申請することもそれほど珍しいことではありませんが、様々な出来事のタイミングが重なっているだけに、『Fallout 4』の登場には誰もが期待してしまうところです。

今年1月にはTherrDogラジオのボイスアクターErik Todd Dellums氏が自身のTwitterにて『Fallout』関連の更なるニュース到来を示唆。このツイートは後に発見された商標申請からテレビドラマシリーズではないかとも噂されていました。また先週にはZeniMax Mediaを登録組織とする「The Survivor 2299」なるティーザーサイトが登場し、カウントダウンは12月11日にも終了すると見られています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Satisfactory』開発者の一人がEpic Gamesストア独占の利点について語る―「より良いゲームを作ることに集中できる」

    『Satisfactory』開発者の一人がEpic Gamesストア独占の利点について語る―「より良いゲームを作ることに集中できる」

  2. 地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

    地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

  3. 中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

    中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

  4. 『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  7. 「独占戦略を続ける限りEpic Gamesストアでは販売しないだろう」バンダイナムコヨーロッパSVPが海外メディアインタビューで明かす

  8. ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除

  9. 『DARQ』Epic Gamesストア専売拒否後の支援に感謝のメッセージ、DLC無料配信も発表

  10. THQ Nordicが日本法人THQ Nordic Japan設立―日本市場でのビジネスを本格始動

アクセスランキングをもっと見る

1
page top