海賊をテーマにした2Dプラットフォーマー『Pixel Piracy』の”海賊版”が”公式”リリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海賊をテーマにした2Dプラットフォーマー『Pixel Piracy』の”海賊版”が”公式”リリース

海賊をテーマにした2Dプラットフォーマー『Pixel Piracy』の”海賊版”が”公式”リリースされ、業界に波紋を呼んでいます。

ニュース 最新ニュース
海賊をテーマにした2Dプラットフォーマー『Pixel Piracy』の”海賊版”が”公式”リリース
  • 海賊をテーマにした2Dプラットフォーマー『Pixel Piracy』の”海賊版”が”公式”リリース
  • 海賊をテーマにした2Dプラットフォーマー『Pixel Piracy』の”海賊版”が”公式”リリース


Windows/Mac/Linux向け2Dプラットフォーマー+ローグライクゲーム『Pixel Piracy』のアルファバージョンがDesuraから1546円で販売されている......のですが、なんとデベロッパーのInFluxより公認の海賊版(?)が配布開始。その異常な宣伝戦略が話題になっています。


開発者は「勝手に違法アップロードをされるくらいなら、公式で海賊版をリリースすればみんなにとってウイルスの危険性もないし安全だ」と宣言していますが、「海賊版のオフィシャルリリース」とはほとんど言葉遊びのよう。ゲーム内容も海賊をテーマにしたものなので、ある意味では完璧なコンセプトデザインとも言えます。


デベロッパーが公式でゲームのコピーファイルを配布してしまうキャンペーンは今まででもいくつかあり、『Anodyne』や『McPixel』、『Hotline Miami』などが例に挙げられます。違法ダウンロードの横行やDRMフリーでの販売など、データ販売ならではのコピー問題は至るところで波紋を呼んでいますが、これらのような作品がゲーム業界全体にどのような影響を与えることになるのか見守っていきたいところです。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. WHO「ゲーム障害」含む国際疾病分類第11版を正式合意―業界団体は再検討求める

    WHO「ゲーム障害」含む国際疾病分類第11版を正式合意―業界団体は再検討求める

  2. 「バトロワゲーブームの次は…」【漫画ゲムトモ】

    「バトロワゲーブームの次は…」【漫画ゲムトモ】

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

  5. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  6. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

  9. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  10. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top