次世代機/PC向けFPS『Get Even』正式発表、敵AIとして他人のキャンペーンに参加する新種のマルチプレイヤーを搭載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次世代機/PC向けFPS『Get Even』正式発表、敵AIとして他人のキャンペーンに参加する新種のマルチプレイヤーを搭載

『Painkiller: Hell & Damnation』や『Deadfall Adventures』を手がけたポーランドの開発スタジオThe Farm 51は、公式サイトやFacebookページにて次世代機およびPC向けの新作FPS『Get Even』を正式発表しました。

ニュース 最新ニュース

『Painkiller: Hell & Damnation』や『Deadfall Adventures』を手がけたポーランドの開発スタジオThe Farm 51は、公式サイトやFacebookページにて次世代機およびPC向けの新作FPS『Get Even』を正式発表しました。

先週末からひっそりとティーザーが登場し、昨日にもスクリーンショットや概要が新たに公開された『Get Even』。海外メディアにて現在流れている情報は有志によるポーランド語からの翻訳版となっていますが、それによれば同作最大の特徴はシングルプレイヤーとマルチプレイヤーの垣根を超えたゲームプレイがフィーチャーされている点。プレイヤーは他のシングルプレイヤーキャンペーンへといつでも参加して敵AIとして振る舞うことが可能と伝えられており、どうやら他のプレイヤーのキャンペーンに敵陣営として参加可能なマルチプレイヤーモードが本作の目玉となっている模様です。

ゲーム本編では2人の敵対関係にある主人公がプレイアブルとなっており、カットシーンやセリフでは無く探索や周囲の環境とのインタラクションを通じて両陣営の視点から物語が描かれるとのこと。この他にも実在するロケーションや人々の3Dスキャンよりゲーム世界が構築されていることや、レンダリング技術に関して専門家や研究所と協力していることが明らかにされており、グラフィックは写実的なものとなることを匂わせています。







まだ謎の多い『Get Even』は、The Farm 51のヘッドWojtek Pazdur氏によれば現在の巨大FPS市場やハリウッド型FPSには属さない作品になるとのことで、今世代の典型的なFPSに飽き飽きしていた人も続報が気になるところでしょう。次世代機とPC向け『Get Even』は2015年にもリリース予定、最新情報は2014年1月に解禁すると予告されています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

    小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

  2. DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

    DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

  3. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

    Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  4. スマホ新作『ドクターマリオ ワールド』7月10日配信!約4分に及ぶ紹介映像も

  5. 地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

  6. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  7. 『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

  8. 『Fallout 76』バトロワ「Nuclear Winter」が好評につき延長決定―アップデートが追加予定

  9. 『Marvel’s Avengers』初代アントマンが登場する新トレイラー!海外では予約も開始

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top