『Arma 3』サバイバルホラーMod「2017」のティーザートレイラーが公開、感染者が蔓延る終末世界で生き延びろ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Arma 3』サバイバルホラーMod「2017」のティーザートレイラーが公開、感染者が蔓延る終末世界で生き延びろ

ニュース 最新ニュース



『Arma 2』ではMod「DayZ」が爆発的な人気を博しついにスタンドアローン版が発売されるまでに至りましたが、海外では新たに『Arma 3』をベースにしたサバイバルホラーMod「2017」の開発が進行しており、同Modの終末世界観を示すティーザートレイラーが今週公開されました。

『Arma 2』の「DayZ 2017」とは異なる「2017」は、2013年8月にも海外のフォーラムを通して正式発表された「DayZ」とは全く無関係のModプロジェクト。「DayZ」のようなサバイバル要素を持ったシングル/マルチプレイヤーゲームではあるものの、ゲーム中に登場するのはゾンビでは無く突然変異した「感染者(Infected)」であり、人型だけでなく様々な種類の感染者たちが登場することが示唆されています。

体力や餓え、渇きによりキャラクタースピードが遅くなり、さらにはキャラクターが病気を患うといったサバイバル要素、両者の意思により幾重もの展開が生み出されるPvPやアイテム収集など、一見すると『DayZ』と酷似した部分の多い「2017」。しかし開発チームは同作ではアイテムやツール、装備や武器などを発見できる可能性はかなり低く設定されているとしており、また「2017」がLootが1つの要素でしかない「サバイバルホラー」としての空気感にフォーカスした作品となっていることをアピール。海外フォーラムでの説明によれば、「日常的なLootファーミングの仕事でサバイバルホラーへ集中するプレイヤーの気を散らしたくない」とのことで、ティーザートレイラーからもその方向性が伺えます。

なお現在は『Arma 3』をのModとして製作されている「2017」ですが、最終的には同作のアセットを全てカスタムコンテンツに置き換えることが予定されています。






2人の親子が悲惨な終末世界を生き延びていく映画『ザ・ロード』にも影響されたという「2017」。すでに多くのModやアルファ版がリリースされているサバイバルジャンルのゲームですが、サバイバルホラーの空気感へフォーカスすることを謳う同作がこれらの作品と異なるプレイ体験を生み出せるのか、今後の続報に注目です。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

    元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

  2. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

    ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  3. PS4版『レインボーシックス シージ』公認大会新シーズンが5月開始!

    PS4版『レインボーシックス シージ』公認大会新シーズンが5月開始!

  4. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  5. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  6. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  7. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  8. 2017年3月度のデジタルゲーム市場売上は前年比7%増、『ハースストーン』モバイル版は前月から倍増

  9. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  10. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top