DS向けFPS『MOON』のリメイク版『Moon Chronicles』、3DSでリリース決定―動作は60fpsに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

DS向けFPS『MOON』のリメイク版『Moon Chronicles』、3DSでリリース決定―動作は60fpsに

海外のデベロッパーRenegade Kidは、2009年に海外で発売されたDS向けFPS『MOON』のリメイク版『Moon Chronicles』を3DS向けにリリースすることを発表しました。

ニュース 最新ニュース
DS向けFPS『MOON』のリメイク版『Moon Chronicles』、3DSでリリース決定―動作は60fpsに
  • DS向けFPS『MOON』のリメイク版『Moon Chronicles』、3DSでリリース決定―動作は60fpsに
  • DS向けFPS『MOON』のリメイク版『Moon Chronicles』、3DSでリリース決定―動作は60fpsに
  • DS向けFPS『MOON』のリメイク版『Moon Chronicles』、3DSでリリース決定―動作は60fpsに
  • 公式サイトショット
海外のデベロッパーRenegade Kidは、2009年に海外で発売されたDS向けFPS『MOON』のリメイク版『Moon Chronicles』を3DS向けにリリースすることを発表しました。

本作のデベロッパーRenegade Kidは、これまでにも3DS用のFPSを作りたいとする旨のメッセージを、海外サイトなどを通じてたびたび発信してきましたが、先日ついにリメイク版の登場がアナウンスされました。

かつてDSで発売されたFPS『MOON』は、滑らかな動きやグラフィック表現などで高評価を獲得したタイトルでした。リメイク版となる本作でもその特徴は受け継がれるようで、グラフィックは3Dスクリーンを活かせるよう再構築されるうえ、3D機能のオン・オフにかかわらず60fpsで動作することが伝えられています。また、拡張スライドパッドにも対応するようです。

価格設定とゲームプレイ時間も明らかになっており、チャプター1から4とVRミッションを含む「Episode 1」は8.99ドルで、約4時間程度のボリュームに。続く「Episode 2」~「Episode 4」はDLC扱いで、お値段はそれぞれ1.99ドル。チャプターは4つずつ収録され、プレイ時間は2時間程度ということです。

発表にあわせて、いくつかのスクリーンショットや操作方法など基本情報を記載した公式サイトが公開されていますので、気になる方は確認してみてください。

(C) 2009 - 2014 Renegade Kid
《Ami》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

    Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

  2. スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ』発表!ω-Forceとタッグのシリーズ初アクションRPG

    スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ』発表!ω-Forceとタッグのシリーズ初アクションRPG

  3. 任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

    任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

  4. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

  5. SFマルチプレイヤーVRシューター新作『Space Ops VR』発表!

  6. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  7. 選択次第で世界が変わるアクションADV『Hindsight 20/20』発表―経験豊富な開発者達による新作

  8. 未発表の『コール オブ デューティ』最新作をアメフト選手がプライベートイベントで先行プレイ

  9. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  10. スターリンと火星人が戦う『Stalin vs. Martians 4』発表! あの迷作が可愛くなって復活

アクセスランキングをもっと見る

1
page top