『Dota 2』世界大会ドキュメンタリー「Free to Play」が配信初週で視聴回数550万回を突破、IMDbでも高評価 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dota 2』世界大会ドキュメンタリー「Free to Play」が配信初週で視聴回数550万回を突破、IMDbでも高評価

3月18日にサンフランシスコのカストロシアターにてプレミア上映が行われ、Steam上での無料配信も開始された同映像ですが、配信初週にて視聴会数550万回を突破したことが明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
1億円もの優勝賞金がかかった『Dota 2』の世界大会「International」における3人のプロゲーマーの挑戦と犠牲を追ったドキュメンタリー長編映像「Free to Play」。3月18日にサンフランシスコのカストロシアターにてプレミア上映が行われ、Steam上での無料配信も開始された同映像ですが、配信初週にて視聴会数550万回を突破したことが明らかにされました。

これはValveがプレスリリースにて明らかにした情報で、TwtichやYouTube、ItunesやSteamなどで3月18日から配信され、3月24日までの間に総計550万回以上の再生回数を記録したとのこと。また合わせて映画やビデオゲーム関連のデータベースIMDbでは、6,500人以上の投票で9.3/10という非常に高い平均スコアを獲得していることも報告されています。

『Dota 2』には700万人以上の月間アクティブプレイヤーが存在し、また様々な言語での字幕ローカライズに加え無料で配信。『Dota 2』がどういったタイトルであるかという基本的な魅力の解説から、それぞれ3人のトッププレイヤーがプロゲーマーを目指すことにより周囲の環境にどのような影響を与えてきたのかなど、単純に「Free to Play」がドキュメンタリー長編映像として楽しめることも考慮すると、この数字と評価は驚くべきものでは無いのかもしれません。



「Free to Play」はSteamなどで無料配信中。Steamおよび『Dota 2』のインゲームストアではそれぞれのトッププレイヤー選手にフォーカスした各種セットも合わせて販売されています。
《ishigenn》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

  • Valveが公式で作成した『Dota 2』ドキュメンタリーの公開記念イベント開催が決定! 画像 Valveが公式で作成した『Dota 2』ドキュメンタリーの公開記念イベント開催が決定!
  • 『Dota 2』を題材にしたドキュメンタリーフィルム「Free to Play」がSteamでプリロード可能に 画像 『Dota 2』を題材にしたドキュメンタリーフィルム「Free to Play」がSteamでプリロード可能に

ニュース アクセスランキング

  1. 新作オープンワールドサバイバル『DYSMANTLE』発表!―トレイラー公開

    新作オープンワールドサバイバル『DYSMANTLE』発表!―トレイラー公開

  2. EAは『スター・ウォーズ』ゲームを複数製作中―大型タイトル開発中止の報道を受けコメント

    EAは『スター・ウォーズ』ゲームを複数製作中―大型タイトル開発中止の報道を受けコメント

  3. スタイリッシュなネオノワール刀アクション『Katana ZERO』が3月に登場! ビシビシ動くドット絵が凄い

    スタイリッシュなネオノワール刀アクション『Katana ZERO』が3月に登場! ビシビシ動くドット絵が凄い

  4. 『フォートナイト』への訴訟で話題のダンスエモート2種が『Forza Horizon 4』からも削除

  5. 『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』第3弾DLC「THE NIGHTMARE(悪夢)」1月22日配信決定!

  6. 『ディビジョン2』新ストーリートレイラーが日本時間1月17日午前2時に公開予定!

  7. 『キングダム ハーツIII』1度だけの特別CMが1月17日放映!サッカー日本代表戦にて

  8. 「フロス」エモート巡り元ネタ少年が『フォートナイト』開発元を提訴

  9. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  10. 米コメディアンが『フォートナイト』開発元など複数を提訴―ダンスエモートの権利巡り

アクセスランキングをもっと見る

page top