ジョン・カーマック氏がFacebookのOoulus Rift買収に初めて口開く「巨人に買収されるのは不可避だった」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ジョン・カーマック氏がFacebookのOoulus Rift買収に初めて口開く「巨人に買収されるのは不可避だった」

先日のFacebookによるOculus Rift買収に関し同氏が初めて口を開き、正直に言えば買収元としてFacebookは予期していなかったことや、買収劇には個人として一切関わっていなかったことを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
昨年11月にも突如id Softwareからの退社を発表し、最高技術責任者としてOculus Riftへと専念していくことを明かしていたジョン・カーマック氏。先日のFacebookによるOculus Rift買収に関し同氏が初めて口を開き、正直に言えば買収元としてFacebookは予期していなかったことや、買収劇には個人として一切関わっていなかったことを明らかにしました。

これはチップチューンミュージシャンPeter Berkman氏のブログのポストにコメントする形でカーマック氏が語ったもので、同氏は「会社が買収されるためだけに存在し運営されてきたのではないかという疑惑について伝えたい」とコメント。「商業の魔法」によって建設的なゲームが消費者レベルで取り引きされている中、企業業買収は両社がより良い姿へ進むために本来行われるものでありながらも、その正確な目的よりも推測される要素が多分に含まれており、その感覚は間違いなく異なっていると明言。今回の買収によって挙げられている疑惑が、実際の目的以上のものへと膨らんでいることを指摘しました。

またカーマック氏は「Valveのような事例がある、SteamみたいなVRにおける新しいエコシステムを一から構築しようとするんだ。多分これが情熱的なファンも最も見たかったものだろう」とも発言。一方で「異なるのは、業界がValveは馬鹿げていると思っていたのにも関わらず、彼らが自身で領域を数年ものあいだ広げてきたことだ。Valveは現状に至るまで自らのビジョンを持ち続け忍耐してきたのだから、全ての成功を受け取る価値がある」と説明しています。

さらに「VRは(ValveのSteam)みたいな感じではない。その体験は明らかに強大で、他者とのコンタクトは変化している。巨人たちによる公平で早急な関与は不可避であったし、真の疑問はパートナーとどの程度深く関わり、そしてそれが誰なのかということだ」とカーマック氏。ValveがSteamを一から構築したのに対し、すでにVRは注目を集めるほど強大なパワーを有しており、遅かれ早かれ巨大企業の手中に収まることとなっていたという同氏の主張は、確かに予期できたことなのかもしれません

買収元がFacebookということに関しカーマック氏は、「正直に言うと、Facebookは予期していなかった。彼らと個人的な背景は一切持っていないし、もっと明確にシナジーの持つ企業を想像していた」と吐露。一方で「彼らが私が見ている全体像に到達するであろうと信じる理由がある、それは強力なエネルギーによって実現するだろう」と続け、彼らが買収を単なる思いつきで行ったことなどと思わないように皆へ改めて強調しました。

なお最後にカーマック氏は今回の買収劇には個人的に一切関わっていなかったことを明言。FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏と技術に関する話をある日の午後に行い、その翌週にもOculusの買収を知ったと伝えています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

    宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

  2. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

    2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  3. 『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

    『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

  4. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  5. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

  6. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  7. 『デビル メイ クライ 5』開発陣の「今だから言える告白」とは?バージルの「挑発返し」条件も判明する発売記念映像

  8. 『7 Days to Die』開発元、Telltaleが販売担当のコンソール版について最新情報報告

  9. 【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら"スジモン”とコマンド式バトル!

  10. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

アクセスランキングをもっと見る

page top