Blizzardが欧州地域を対象にしたDDoS攻撃の被害に―「インフラは被害を免れている」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blizzardが欧州地域を対象にしたDDoS攻撃の被害に―「インフラは被害を免れている」

ニュース 最新ニュース

『Diablo』シリーズや『World of Warcraft』などで知られるBlizzard Entertainmentが、ヨーロッパ地域を対象にされたDDoS攻撃を受けていることを発表しました。欧州在住のプレイヤーなども被害を受けており、プレイが一部困難な状況となっているとのことです。

Blizzard Entertainmentが発表したアナウンスでは「インフラとなるシステムはターゲットにされていないようだが、オンラインプレイでの接続障害が報告されている」と報じられています。いくつかのタイトルの中で動作のレイテンシー発生や強制切断などの不具合が発生しているようです。

復旧予定や被害の詳細などは現状発表されていませんが、同社公式Webサイトのほか公式Twitterアカウントでも今後被害に関するアナウンスが行われるとのことです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  2. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

    スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  3. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

    新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

  4. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  5. 冒険家の人生描くオープンワールドRPG『Outward』がDeep Silverより発売決定!

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 変化していく世界を描くミステリアスADV『Mosaic』2019年夏リリース―スイッチ版も発表

  8. 噂:「SteamOS」にWindowsゲームへの対応機能が開発中か

  9. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  10. まだ削除しないで!『CoD:BO4』ベータ版クライアントが9月に「Blackout」対応のためアップデート

アクセスランキングをもっと見る

page top