『Mind: Path to Thalamus』正式発表、季節と天候を操作して美しき世界を紐解いていく一人称視点パズルADV | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Mind: Path to Thalamus』正式発表、季節と天候を操作して美しき世界を紐解いていく一人称視点パズルADV

海外にて『Myst』のようなコンセプトを持つ一人称視点パズルアドベンチャー『Mind: Path to Thalamus』が正式発表を迎え、Steamでの配信を目指すSteam Greenlightへと登録されています。

ニュース 最新ニュース


美しい世界に没入する一人称視点のパズルアドベンチャーと言えば、Cyanが手がけた1990年代のタイトル『Myst』が最も有名ですが、海外にて似たコンセプトを持つ一人称視点パズルアドベンチャー『Mind: Path to Thalamus』が正式発表を迎え、Steamでの配信を目指すSteam Greenlightへと登録されています。

「私は彼女を何回殺すのだろう?」と衝撃的なメッセージで始まるトレイラーは、非常に美しく幻想的な同作のワールドを披露していき、見る者の心をわしづかみにしてしまう輝きを放っています。『Mind: Path to Thalamus』は「エモーショナルで衝撃的な物語」を紐解いていくため、天候や周囲の環境を操作しパズルを解いていくというタイトル。具体的にプレイヤーは昼夜をサイクルさせたり、霧の濃度や雨、さらには季節をも変化させることが可能となっています。

周囲の環境を様変わりさせてしまうゲームメカニックは、プレイヤーが操作する謎の主人公の素性にも関連しており、現実から逃れてしまう気質の彼の心を紐解き、彼が何を起こして今なにをしているのかを探らなければなりません。「彼女を何回殺すのだろう?」のセリフと共に、『Mind: Path to Thalamus』のストーリーは非常に興味深いものとなりそうです。










なおトレイラーに登場するナレーションは、『The Curse of Blackwater』のDavid Jason役や『Dreamcatcher』のGabriel役、『Shattered Heaven』のStephen Novusを演じたGreg Nugent氏が担当しているとのこと。また開発を担当するCarlos Coronado氏は、『Left 4 Dead 2』にて100万回のダウンロード実績があるユーザー製キャンペーン「Warcelona」を作成した人物とされています。

本作はそんなCoronado氏が手がけたものの未発売で終わったプロジェクト「COMA」の精神的続編という位置づけで、2014年Q3のリリースが予定されているようです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 仕事は悪魔祓いだけじゃない!司祭シム『Priest Simulator』発表

    仕事は悪魔祓いだけじゃない!司祭シム『Priest Simulator』発表

  2. 出演作品で大体死ぬ俳優ショーン・ビーンが『ヒットマン2』期間限定ミッションの暗殺対象に!

    出演作品で大体死ぬ俳優ショーン・ビーンが『ヒットマン2』期間限定ミッションの暗殺対象に!

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』のレビュー解禁は発売前日の10月25日と判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』のレビュー解禁は発売前日の10月25日と判明

  4. 『オーバーウォッチ』チャリティで集まった寄付金の使途が公開―乳がん研究に貢献

  5. アートなビジュアルの協力型パズル『DERU - The Art of Cooperation』11月7日発売決定

  6. 2Dドットレーシング『Super Pixel Racers』海外向けに10月31日発売決定―天候の表現や自動生成コースも

  7. 地獄ホラー『Agony』の無規制版『Agony UNRATED』やっぱり登場か!? Steamページが出現

  8. ゲームサービス「G123.jp」リニューアルキャンペーン開催決定!傳谷英里香さんと天龍源一郎さんがアンバサダーに

  9. 『Amnesia』『SOMA』開発元が新たなスタッフを募集―「新作は完成に近づいている」

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

アクセスランキングをもっと見る

page top