不気味な月夜と共にプロジェクト「H1Z1」のティーザーサイトが突如公開、SOEがゾンビサバイバル新作を発表か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

不気味な月夜と共にプロジェクト「H1Z1」のティーザーサイトが突如公開、SOEがゾンビサバイバル新作を発表か

『PlanetSide 2』や『EverQuest Next』などPlayStationに限らない様々なオンラインタイトルを手がけているSony Online Entertainmentですが、新たに同スタジオが「H1Z1」なる謎のティーザーサイトを公開したとして海外にて注目が集まり初めています。

ニュース 最新ニュース

『PlanetSide 2』や『EverQuest Next』などPlayStationに限らない様々なオンラインタイトルを手がけているSony Online Entertainmentですが、新たに同スタジオが「H1Z1」なる謎のティーザーサイトを公開したとして海外にて注目が集まり初めています。

これは今年1月にもSOEが商標登録してた「H1Z1」と同様のタイトル名がティーザーサイトのURLより確認できたもので、さらにこの「H1Z1」の出自はインターネットユーザーらが一般人を騙すため「人をゾンビに変えるウィルス」として生み出したもので、同作の内容が昨今流行を見せるゾンビサバイバルゲームになるのではないかとも予測されています。

おどろおどろしいBGMと共に不気味な月夜を描いている「H1Z1」のティーザーサイトですが、今年1月にもSOEのプレジデントJohn Smedley氏は、このティーザーサイトの雰囲気と非常によく似たイメージ2枚を公開していました。



なお「H1Z1」との関連性は不明ながら、Smedley氏はTwitter上にてまだ未発表の新作ゲームのゲームプレイフッテージが太平洋夏時間の午後5時から6時にも登場するとコメント。ファンからの質問に対し「君自身がすぐにでもプレイできるよ。プレイ出来るというのは完全にプレイ出来るという意味だ」と、プレイアブルな状態で登場することを伝えています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告

    『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』アップデートにより日本語に対応!

    恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』アップデートにより日本語に対応!

  4. 3Dレーシングアクション『Ricky Runner: SUPERBOOT CUP』11月にSteam早期アクセス開始

  5. PC版『Warframe』新オープンワールド拡張「Fortuna」 国内でも11月に無料配信!PS4/XB1版は今冬に

  6. 地獄ホラー無規制版『Agony UNRATED』正式発表! 多数の新要素も追加

  7. セガサターン仕様のハイレゾプレーヤー「CT10 セガサターン」発売決定!初期型カ/後期型カラー、各限定500台

  8. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  10. 『フォートナイト』パッチノートv5.30―PvE「世界を救え」日本語版が早期アクセス開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top