『Titanfall』開発の舞台裏やRespawnの創立を記した電子書籍「Titanfall - The Final Hours」Steam配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Titanfall』開発の舞台裏やRespawnの創立を記した電子書籍「Titanfall - The Final Hours」Steam配信開始

ついにXbox 360版も発売を迎え、今後の無料アップデート計画も明らかにされた『Titanfall』ですが、先日から予告されていたデジタルドキュメンタリー書籍「Titanfall - The Final Hours」の配信がSteamにて開始されました。価格は1.99ドル。

ゲーム文化 カルチャー

ついにXbox 360版も発売を迎え、今後の無料アップデート計画も明らかにされた『Titanfall』ですが、先日から予告されていたデジタルドキュメンタリー書籍「Titanfall - The Final Hours」の配信がSteamにて開始されました。価格は1.99ドル。

「The Final Hours」とは、GameTrailersTVの司会役として有名なGeoff Keighley氏がてがけている開発の舞台裏を追う電子書籍シリーズ。現在までに『Portal 2』、『Tomb Raider』が題材となっており、今回の「Titanfall - The Final Hours」はシリーズ3作目となります。

元はInfinity Wardにて『Call of Duty』を生み出した面々が、スタジオから離脱し新たに結成したのがRespawn Entertainmentであることは知られているところ。「Titanfall - The Final Hours」では、10億円規模の訴訟やオフィス情勢の不安、そして次なる偉大なビデオゲームフランチャイズを構築するためのクリエイティブなRespawnの創設と苦闘が描かれる内容となっています。



なお電子書籍とはいうものの「The Final Hours」シリーズは多数のイメージや映像にて構成された内容となっており、開発早期の『Titanfall』映像や、チームが開発を進めていく中で破棄した初期コンセプト。さらには『Titanfall』のゲームプレイが開発中に変化していった経緯や、アートチーム「kitbashed」が24フィートのTitanを作り出す様などが描かれます。価格も高くはなく、英語が読めないというユーザーも『Titanfall』をプレイしているならば一読してみてはいかがでしょうか。
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 侍&くノ一のレトロ風メトロイドヴァニア『Chronicles of 2 Heroes: Amaterasu's Wrath』日本語対応で配信開始!

    侍&くノ一のレトロ風メトロイドヴァニア『Chronicles of 2 Heroes: Amaterasu's Wrath』日本語対応で配信開始!

  2. 『ディアブロ IV』怖ろしいリリス、世界的ヒロイン“バービー”にそっくりだった!?…ただしつま先だけ

    『ディアブロ IV』怖ろしいリリス、世界的ヒロイン“バービー”にそっくりだった!?…ただしつま先だけ

  3. 泥沼の係争でストアページが削除されていた原始時代農場シム『Roots of Pacha』がSteamに復活

    泥沼の係争でストアページが削除されていた原始時代農場シム『Roots of Pacha』がSteamに復活

  4. 【週刊トレハン】「高橋名人、レベル64になる」2023年5月21日~5月27日の秘宝はこれだ!

  5. カメックスはデモ隊鎮圧用!?ある父親の娘に向けた執念の贈り物、ロシア人がかつて楽しんだデタラメ『ポケモン』図鑑

  6. 特撮戦隊ヒーロー風のヴァンサバ系ローグライトACT『Rift Rangers』正式リリース!

  7. 止まらぬ『ポケモンカード』の相場高騰―ナンジャモSARは約26万円、パック求める様は「ポケカ戦争」とまで

  8. 『Half-Life 2』の死体モデルに“本物の死体”写真をテクスチャとして使用していた!?

  9. 映画「グランツーリスモ」特別映像公開「家でゲームをしてた少年がすごいレーサーになったんだ」

  10. これが限界イギリス人オープンワールド…80年代英国生活&建設シム『Landlord's Super』正式リリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top