現代に蘇った麗しき海底都市ラプチャー、Unreal Engine 4で再構築された『BioShock』の映像が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

現代に蘇った麗しき海底都市ラプチャー、Unreal Engine 4で再構築された『BioShock』の映像が公開

初代とその続編はUnreal Engine 2.5、『Infinite』はUnreal Engine 3を採用していますが、海外のファンが最新のUnreal Engine 4を使用して再構築した海底都市ラプチャーの映像を披露しました。

メディア 動画
シリーズ最新作『BioShock Infinite』のストーリーDLC「Burial at Sea」にて再び蘇った初期『BioShock』シリーズの海底都市ラプチャー。初代とその続編はUnreal Engine 2.5、『Infinite』はUnreal Engine 3を採用していますが、海外のファンが最新のUnreal Engine 4を使用して再構築した海底都市ラプチャーの映像を披露しました。

これはホラーFPS『G.R.I.T.』といったタイトルを開発中のインディーデベロッパーDark Shift Productionsが公開した映像。この海底都市ラプチャーはUnreal Engine 4の性能を確かめるため初代『BioShock』のアセットを集め構築されたという代物ですが、初代『BioShock』の映像と比較するとやはりライティングやシャドウ、水の表現などが大幅に強化されていることが確認できます。


1分15秒から実際にラプチャーを歩きまわえる映像も収録

2007年8月に発売された初代『BioShock』とその続編『BioShock 2』、さらにはシリーズ最新作『BioShock Infinite』ではDLCの舞台としてまさかの帰還を果たした海底都市ラプチャー。海外ではファンコミュニティによりアセットまで作り変えられた初代『Half-Life』のリメイク"Black Mesa"などが存在していますが、『BioShock』とその海底都市ラプチャーもいつか同じように最新のビジュアルで目の前に戻ってきてくれないか、期待せずにはいられないところです。
《ishigenn》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. 『エースコンバット7』機体紹介トレイラー第4弾―新たな紹介機体はMiG-31B!

    『エースコンバット7』機体紹介トレイラー第4弾―新たな紹介機体はMiG-31B!

  2. 名作FPS『Half-Life』の歴史に触れるドキュメンタリーのフル版が公開!

    名作FPS『Half-Life』の歴史に触れるドキュメンタリーのフル版が公開!

  3. 『Just Cause 3』に『FFVII』のあの武器が登場?!新イースターエッグ見つかる【ネタバレ注意】

    『Just Cause 3』に『FFVII』のあの武器が登場?!新イースターエッグ見つかる【ネタバレ注意】

  4. 『オーバーウォッチ』グラビトン・サージへの対抗策はバスケットボール!? 効果を完全無効化

  5. 『Prey: Mooncrash』無料マルチプレイアップデート「Typhon Hunter」が近日リリース!

  6. 『ストリートファイターV AE』12日より無料体験版配信─「ガイル」「豪鬼」「サガット」も試せる!

  7. PC自作シム『PC Building Simulator』最新映像! MSIとの提携も発表

  8. Co-opシューター『World War Z』大量のゾンビが押し寄せるプレイ映像!

  9. 『Forza Horizon 4』第1弾拡張「Fortune Island」トレイラー公開!―島の荒れた天候、危険な地形を披露

  10. サバイバルACT『LEFT ALIVE』最新ストーリートレイラーを公開!―公式Twitterアカウントも開設

アクセスランキングをもっと見る

page top