EvolutionがPS4向けレーシング『DriveClub』における1080p 30FPSの選択に言及、美しいビジュアル表現を強調 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EvolutionがPS4向けレーシング『DriveClub』における1080p 30FPSの選択に言及、美しいビジュアル表現を強調

家庭用ゲーム PS4



最新のトレイラーと共に10月7日の発売日がついに決定した『DriveClub』。当初は60FPSを目標としていたものの後に1080p 30FPSへと落ち着いた同作ですが、ゲームディレクターのPaul Rustchynsky氏が改めてこの事実に触れ、『DriveClub』においてはビジュアル表現を優先することが重要であると強調しました。

海外メディアVG247のインタビューに対しEvolution StudiosのRustchynsky氏は「60FPSへの挑戦は初期の目標として自身に課していたものだった」とコメント。PlayStation 4というハードウェアに慣れ、また『DriveClub』にて求めていく要素を検討する内に、1080p 30FPSの選択が「間違いなく最適」であるという結論に至ったと語っています。

1080p 30FPSの選択により、Evolutionが最も緻密なディテールで再現されたレース車体を提供し、広大なトラックとビジュアル的な密度に溢れる環境を構築することが可能になったと続けるRustchynsky氏。全範囲におよぶイルミネーションシステムにも触れ、時刻の移り変わりやシャドウの投影、フルで行われる反射表現など、30FPSの選択により様々な範囲で可能になったビジュアル表現をアピールしています。

なおRustchynsky氏はSucker Punchスタジオの初PlayStation 4タイトルとして登場した『inFamous: Second Son』にも言及し、様々なテクニックやメカニックにより豪華な見た目となった同作は、ゲームが30FPSで動作しているゆえに可能になったことだとも指摘しています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 140 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. スクウェア・エニックス新作『LEFT ALIVE』はサバイバルアクション?そして登場ロボは「ヴァンツァー」―Steamストアページより

    スクウェア・エニックス新作『LEFT ALIVE』はサバイバルアクション?そして登場ロボは「ヴァンツァー」―Steamストアページより

  2. 『モンスターハンター:ワールド』パッケージモンスターが判明!新PVも公開に

    『モンスターハンター:ワールド』パッケージモンスターが判明!新PVも公開に

  3. スクウェア・エニックス新作ロボゲー『LEFT ALIVE』が発表!【UPDATE】

    スクウェア・エニックス新作ロボゲー『LEFT ALIVE』が発表!【UPDATE】

  4. 「バーチャロン」最新作『とある魔術の電脳戦機』は2018年2月15日に発売、最新PVも到着!【UPDATE】

  5. PS4版『ドラゴンズクラウン・プロ』発表!PS3/PS Vitaとのクロスプレイにも対応

  6. リメイクPS4版『ワンダと巨像』最新映像!戦うほどに哀しくなる物語、再び

  7. PS4『北斗が如く』2018年2月22日発売!世紀末プレミアムエディションも発表【UPDATE】

  8. 『モンスターハンター:ワールド』モデルのPS4 Proが数量限定で12月7日より発売決定

  9. PS VR『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』発表!開発はコナミ/Cygames【UPDATE】

  10. 『モンスターハンター:ワールド』発売日決定!2018年1月26日狩猟解禁!

アクセスランキングをもっと見る

page top