米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験

2014年5月5日に本州唯一にして極東最大級の規模を誇る米海兵隊岩国航空基地で開催された「日米親善デー(フレンドシップデー)」。『World of Tanks』の開発、運営を行っているウォーゲーミングがプレミアムスポンサーとして出展すると聞き岩国基地へと行ってまいりました。

ゲーム文化 カルチャー
米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験
  • 米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験
  • 米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験
  • 米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験
  • 米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験
  • 米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験
  • 米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験
  • 米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験
  • 米海兵隊岩国基地「日米親善デー」 に協賛出展したWargamingブースレポート ― 日本初試遊の『WoT Blitz』も体験

2014年5月5日に本州唯一にして極東二番目の規模を誇る米海兵隊岩国航空基地で開催された「日米親善デー(フレンドシップデー)」。『World of Tanks』の開発、運営を行っているウォーゲーミングがプレミアムスポンサーとして協賛出展すると聞き岩国基地へと行ってまいりました。


イベント当日、雨が少しパラつく中でスタートした米海兵隊岩国航空基地「日米親善デー」。一般入場口からほど近い場所に設置されているウォーゲーミングブースの入り口にはアニメ「ガールズ&パンツァー」とコラボした「戦車道入門できます」の巨大ポスターが設置されていました。遠くからでもひと目でわかります。


ポスターの設置場所から少し奥へと進み、Game*Spark的に本日のメインイベントである「ウォーゲーミングブース」へと到着。設置されている試遊台はPC版の『World of Tanks』、Xbox 360版の『World of Tanks: Xbox 360 Edition』、そして日本での試遊は初となるiOS/Android向けの『World of Tanks Blitz』の3種類で、老若男女問わず沢山の人がプレイしていました。


試遊している人の中には8歳の頃から『World of Tanks』で遊んでるという11歳のベテランプレイヤーも。自走砲のT92を操り巧みに敵を撃破して行く姿は圧巻でした。


『World of Tanks Blitz』試遊台を体験。台北ゲームショーで展示されたバージョンより更なる操作性の向上が図られているとのことで、試遊台では他のプレイヤーと4対4の対戦プレイを遊ぶことができました。


画面左下にあるバーチャルスティックで移動し、指で画面をスライドして砲塔の向きを変えることが可能。少し慣れが必要なものの想像していたより操作性は良く、アーケードライクに楽しむことができます。敵戦車をタップすることでロックオンすることも可能で、スナイプモードでの精密射撃もできました。またキー配置をカスタマイズすることもでき、自分がプレイしやすいスタイルへ変更することが可能です。


展示されていたのはiPad版でしたが、iOS/Android版も現在開発中とのこと。またWi-fiでのプレイを推奨していましたが、4Gや3Gでも遊ぶことができるようです。


心配だった天候も回復し、晴れ間も見え始めた正午より、豪華プレゼントを賭けたジャンケン大会が開催。スペシャルゲストとしてMCCS(Marine Corps Community Services)のライアン・カーティス氏が登場。


20人限定の景品は非売品のガルパンコラボ品「World of Tanks X ガールズ&パンツァー缶パン」と開催中止で幻となった「日米親善デー 2013 記念グッズ

MCCSのライアン・カーティス氏より勝者へ手渡される豪華プレゼント

試遊体験者に送られるプレゼント。中身は特典付きボーナスカードと入浴剤。



今回、米海兵隊岩国航空基地での「日米親善デー」にプレミアムスポンサーとして協賛出展したウォーゲーミングジャパン。広報担当者から話を聞いたところ「今回を試金石に他の基地イベントへの出展が出来れば」と語っていました。日本各地の基地イベントで『World of Tanks』を見ることができるかもしれません。
《水京》
【注目の記事】[PR]

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 亡くなった弟ともう一度ゲームができたら…『鉄拳8』ユーザーの兄弟の思い出守った「AIゴースト」機能

    亡くなった弟ともう一度ゲームができたら…『鉄拳8』ユーザーの兄弟の思い出守った「AIゴースト」機能

  2. 記憶を消してお気に入りゲームを初見プレイするか、1兆ドル貰えるならどっち?海外ゲーマーが選んだのは…

    記憶を消してお気に入りゲームを初見プレイするか、1兆ドル貰えるならどっち?海外ゲーマーが選んだのは…

  3. PS2にGC、PSPにXbox…2000年代最高のゲームは?ゲーム史を彩る名作の数々が挙がる

    PS2にGC、PSPにXbox…2000年代最高のゲームは?ゲーム史を彩る名作の数々が挙がる

  4. 日本の街で写真を撮影して日本語を学ぶ学習ゲーム『Shashingo』配信日決定!

  5. 『Hello Neighbor』開発元の新作サバイバルシューター『DUCKSIDE』Steamストアページが登場! アヒルとなって過酷な環境を生き抜け

  6. 『エルデンリング』まさかの“プレイヤー視点”で小説化!「仕事が終われば、あの祝福で」発売決定―ゲームをきっかけに職場での交流を深めるお仕事ノベル

  7. 4月配信予定『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」最後の進捗報告映像が公開!

  8. 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!

  9. 『スト6』世界大会CAPCOM CUP Xにて「ガチくん」がベスト3に輝く!日本勢ふ~ど・カワノも健闘

  10. シリーズを遡ってプレイしたゲームは?海外ゲーマーたちが体験したのは『ウィッチャー』『FF』『MGS』…さまざまな意見が飛び交い盛り上がる

アクセスランキングをもっと見る

page top