『Pro Evolution Soccer 2015』はゲーム内課金を採用、プレイスタイルの選択肢を用意 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Pro Evolution Soccer 2015』はゲーム内課金を採用、プレイスタイルの選択肢を用意

ニュース ゲーム業界

海外コナミにより発表された『Pro Evolution Soccer 2015(邦題: ウイニングイレブン 2015)』。サッカーゲームとして『FIFA』シリーズと人気を二分するシリーズの最新作ですが、同作にて採用となるゲーム内課金について、ヨーロッパのコナミスタジオのトップであるJames Cox氏が海外メディアに向けて説明しています。

Coxs氏曰く、ゲーム内課金はゲームモードのひとつである「myClubモード」にて採用されていると解説。プレイヤー自身で様々なクラブや代表の選手を集め、自分の理想のチームを作りあげる同モードですが、これまでのmyClubモードと同様にゲーム内通貨となる「Game Points」も存在。様々な選手を自分のチームへ移籍させる際に必要な契約金などを、同作をプレイすることで得られるこの「Game Points」で支払えますが、今作ではゲーム内課金を行うことでも「Game Points」を獲得可能です。

今回のゲーム内課金採用については「あまり長い時間プレイできない人にとっての選択肢を作った」と、課金を行うことでしか体験できないことなどはなく、あくまでも時間をかけられないプレイヤーも時間をかけられるユーザーと同様に、自身が望む体験をするための措置であることを語っています。

「時間がある人も居れば、お金がある人も居る。その両方が少しずつある人も居る。選択はユーザーに任せる」との説明をしているCox氏。日本版においてこのゲーム内課金が採用されるかは不明ですが、これまでの同シリーズのスタイルはそのままに、「時間を買う」プレイヤーも出てくることとなるかもしれません。
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 61 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  2. 「2017 Golden Joystick Awards」の投票受付が開始!―ノミネート作品リスト

    「2017 Golden Joystick Awards」の投票受付が開始!―ノミネート作品リスト

  3. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

    『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  4. デベロッパーの働きかけによりSteamがオーストラリアドルなど11の通貨に対応か

  5. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  6. 全DLC収録『Fallout 4: Game of the Year Edition』発表!海外で9月発売【UPDATE】

  7. PS4/Xbox One/PC『Project CARS 2』予約特典やシーズンパスの詳細が明らかに

  8. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  9. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

  10. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

アクセスランキングをもっと見る

page top