『Borderlands 3』はどうなるべきなのか?開発Gearboxのトップが膨大なアイディアに「正直恐ろしい」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Borderlands 3』はどうなるべきなのか?開発Gearboxのトップが膨大なアイディアに「正直恐ろしい」

スピンオフと共に次世代機向け『Borderlands 3』が登場するのではないか。そんな期待も寄せられていた同スタジオですが、CEOのRandy Pitchford氏が『Borderlands 3』の膨大かつ必要なアイディアの数について語り、「恐ろしい」とその心中を吐露しました。

ニュース ゲーム速報
昨日FPSとMOBAが融合した新作アクション『Battleborn』をPC/次世代機向けに正式発表したGearbox Software。スピンオフ『The Pre-Sequel』と共に次世代機向け『Borderlands 3』が登場するのではないか。そんな期待も寄せられていた同スタジオですが、CEOのRandy Pitchford氏が『Borderlands 3』の膨大かつ必要なアイディアの数について語り、「恐ろしい」とその心中を吐露しました。

Game Informerの最新号に登場したPitchford氏は「"次の『Borderlands』はどんな作品になるべきなのか?ほかの『Borderlands』が存在すべきなのか、そしてどうあるべきなのか?"というような論点があるんだ」と発言。話し合いの中で風変わりなアイディアを寄せ集めてはみたものの、次世代機にて『Borderlands 3』を開発すると想定した場合、その"次世代機向け『Borderlands 3』"に見合う必要なアイディアがあまりにも膨大な数になってしまうと現状を解説しました。

またPitchford氏は2K Australia手がけるスピンオフ『Borderlands: The Pre-Sequel』により「我々にとって『Borderlands 3』には一体何が必要なのか、その苦悩の性質が変化したよ」ともコメント。続けて「どうなるのかを想像して、我々は正直に言うと恐ろしくなるんだ。"ヤバくてデカすぎる、成功させられるかどうかわからない"って感じだ」と心中を語っています。

なおGame Informer誌は『Borderlands 3』が現在スタジオ内では開発されていないことや、このインタビューが『Borderlands 3』が今世代コンソールで発売することを意味するものではないと明記しています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

    DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

  2. 小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

    小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

  3. スマホ新作『ドクターマリオ ワールド』7月10日配信!約4分に及ぶ紹介映像も

    スマホ新作『ドクターマリオ ワールド』7月10日配信!約4分に及ぶ紹介映像も

  4. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  5. 『Marvel’s Avengers』初代アントマンが登場する新トレイラー!海外では予約も開始

  6. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  7. アッセンブル!『Marvel’s Avengers』本格映像が初公開―2020年5月15日発売【E3 2019】【UPDATE】

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

  10. 『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

アクセスランキングをもっと見る

page top