スペースシム『Elite: Dangerous』150ドルのプレミアム有料βから75ドルの有料βへ移行 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スペースシム『Elite: Dangerous』150ドルのプレミアム有料βから75ドルの有料βへ移行

現在、有料ベータテストを実施しているスペースシム『Elite: Dangerous』。本作のベータテストが一段階進み、大幅なアップデートとともにプレミアム有料ベータテストから有料ベータテストへと移行しました。

ニュース 発表
スペースシム『Elite: Dangerous』150ドルのプレミアム有料βから75ドルの有料βへ移行
  • スペースシム『Elite: Dangerous』150ドルのプレミアム有料βから75ドルの有料βへ移行


現在、有料ベータテストを実施しているスペースシム『Elite: Dangerous』。本作のベータテストが一段階進み、大幅なアップデートとともにプレミアム有料ベータテストから有料ベータテストへと移行しました。

Frontier Developmentsが開発する『Elite: Dangerous』では、通常の予約版を50ドルで販売。また、即日参加できるプレミアムベータテスト権利が150ドル、7月29日から実施中の“Standard”ベータテスト権利が75ドルで販売されており、その高価なベータテスト権が海外で話題となっていました。

今回の“Standard”ベータテストへの移行で大幅なアップデートが行われており、プレイ可能な恒星系は10倍の広さである38,000立法光年へと拡張。燃料消費の概念の追加や、スターポートへの接続を安全にするドッキングコンピューターの実装などが行われています。

PC向けに開発されているスペースシムタイトル『Elite: Dangerous』。以前には、コンソール機でのリリースを示唆するコメントが残されており、その動向に注目が集まっています。PC版は年内のリリースを予定。Mac版はその3ヶ月後にリリースされ、コンソール版はそれ以降のリリースとなるようです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

    『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  2. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  3. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

    『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  4. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  5. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  6. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  7. プラチナゲームズ橋本祐介氏が退社―『ベヨネッタ』プロデューサーなど【UPDATE】

  8. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  9. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

  10. 元プロレスラーのブッカー・TがActivisionを著作権侵害で訴える―『CoD:BO4』でのキャラクター盗用を主張

アクセスランキングをもっと見る

page top