「赤ずきんちゃん」モチーフの童話2.5Dアクション『Woolfe - The Red Hood Diaries』Kickstarterがスタート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「赤ずきんちゃん」モチーフの童話2.5Dアクション『Woolfe - The Red Hood Diaries』Kickstarterがスタート

ゲーム文化 インディーゲーム

ベルギーのデベロッパーGRIN Gamestudioは、童話「赤ずきんちゃん」をテーマにした2Dアクション『Woolfe - The Red Hood Diaries』のKickstarterキャンペーンをスタートしました。目標額は5万ドルで現在は約2万ドルを獲得。キャンペーンの期日は9月5日までとなっています。

今年前半にもSteam Greenlightを通過し注目をあつめていた『Woolfe - The Red Hood Diaries』は、童話「赤ずきんちゃん」をモチーフにダークで奇妙なストーリーが描かれる"シネマティックおとぎ話2Dアクション"。プレイヤーは赤ずきんちゃん(Red Riding Hood)を通して、4年前にWoofle Industries社でリードエンジニアとして働いてる際中に事故死した父ジョセフの死の真相を追うことになります。

ゲーム中ではお馴染みのオオカミから町を支配するWoolfe Industries社のCEO「B.B.Woolfe」のおもちゃの兵隊などが登場し、赤ずきんちゃんの行く手を阻みます。"シネマティック2Dアクション"と銘打たれている通り非常に美麗なビジュアルと演出が特徴で、Kickstarterのトレイラーからは魅力的なアートスタイルの数々が確認できます。



「不思議の国のアリス」をダークに解釈した『Alice: Maddnes Returns』にも似た『Woolfe - The Red hood Diaries』はPC向けに2015年リリース。XboxおよびPlayStationプラットフォームでもその後発売される予定となっています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

    「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

  2. 『ストリートファイターV アーケードエディション』プロゲーマーも参加した店頭体験会レポート!

    『ストリートファイターV アーケードエディション』プロゲーマーも参加した店頭体験会レポート!

  3. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

    完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  4. サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

  5. 『PUBG』マーケットで一部のアイテムが高騰、20万円以上での取引成立も

  6. カナダの男性がTwitchの荒らし行為で刑事告発―最長10年の懲役

  7. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  8. ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

  9. 『Getting Over It』あの釜男のインパクト大なコスプレが披露ー開発者も思わず感嘆

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top