【GC 14】『Dead Space』はまだ死んでいない、開発Visceralが同IPへの情熱語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GC 14】『Dead Space』はまだ死んでいない、開発Visceralが同IPへの情熱語る

『Dead Space 3』から1年半ほど。現在は『Battlefield Hardline』を手がけている開発のVisceral Gamesが、この『Dead Space』シリーズは「まだ死んでいない」と海外メディアに伝えました。

ニュース ゲーム速報
2013年2月に発売され前2作と比較すると海外メディアから低評価をあたえられ、当時フランチャイズが終了するのではとの噂も囁かれた『Dead Space 3』から1年半ほど。現在は『Battlefield Hardline』を手がけている開発のVisceral Gamesが、この『Dead Space』シリーズは「まだ死んでいない」と海外メディアに伝えました。

これは海外メディアKotaku UKのスタッフがVisceralのゼネラルマネージャーSteve Papoutsis氏に「『Dead Space』は死んだのか?」と切り込んだもので、Papoutsis氏は「『Dead Space』が死んだかって?私にとってそんなことはない」と返答。「私もVisceralのチームも『Dead Space』を愛している。7年間にわたり取り組んできたし、違う作品へ挑戦するのは我々にとっていい小休止なんだ」と語りました。

一方で「私だけではなく会社のほかの人々もフランチャイズへは熱い情熱を持っている。だから会社にとっては重要なIPであると思っているよ」とPapoutsis氏。「どうなるかはわからないが、今世代ならどのような作品になるかを考えるだけでワクワクする」とも語り、今後も『Dead Space』IPに取り組む気持ちがあることをあらわにしています。

Visceralの手がける『Battlefield Hardline』は2015年にリリース予定。スタジオ内では『Star Wars: Battlefront』のDICEと並んで未発表の『Star Wars』ゲーム開発も進められています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  2. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  3. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

    『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  4. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  5. ボールぶつけ対戦ACT『リーサルリーグ ブレイズ』国内PS4/スイッチ向けに発売決定!DL版は7月、特典付きパッケージ版は9月に

  6. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  9. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  10. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

アクセスランキングをもっと見る

1
page top